幸福実現党
The Libertyweb
6月
1

2021/06/01【バイデン政権の場当たり的な米軍運用の印象】

 近くアジアから米空母が不在となる可能性があると報じられています(※)。

 これは、アフガニスタンからの米軍撤退支援のために、横須賀を事実上の母港とする空母「ロナルド・レーガン」が、急遽、中東に派遣され、他の米空母のアジア回航も見込めず、一時的にではあるにせよ米軍の力の象徴である空母がアジアからいなくなるとのことのようです。
 

 有識者によれば、他の戦力の増強により空母不在の穴を埋めることは可能とされますが、米空母は1隻当たり戦闘攻撃機だけで約50機を搭載していますし、空母打撃群となると他の複数の海軍艦艇も含まれるので、それらの不在を完全に補完することは容易ではありません。
 

 アジアでは中国軍の増強の勢いは依然として衰えず、尖閣諸島周辺や台湾海峡での中国軍の動きは活発なままですから、米空母の不在が事実ならば、中国に優位なメッセージを送ることになりかねません。
 

 元を正せば、バイデン政権がアフガニスタンからの米軍撤退計画を急遽前倒したことが要因です。

 バイデン大統領の中国を念頭に置いたアジア重視の軍備発言とは裏腹の場当たり的な米軍運用の印象は拭えません。
 

 こうしたバイデン政権の対応を見るにつけ、我が国は日米同盟を抑止力の基軸としつつも、万一に備えて国土と国民の平和を守るために、自主防衛力を着実に強化する必要があることが分かります。

 ※:https://www.cnn.co.jp/world/35171522.html

5月
28

2021/05/28【認知されてきた霊査の正しさ】

 CNNなど米国のマスコミが、新型コロナウィルスの発生源が研究所である可能性を報じ始めました(※1)。
 

 
 中国の武漢で発生した今回のウィルスについて、当初から人工的なものである可能性を指摘する一部の専門家や、中国の関係者の証言があったにもかかわらず、そうした声は、いわゆる「トンデモ情報」として大手マスコミから無視されてきました。

 中でも、トランプ前大統領が研究所流出説に言及した際は、ほとんどのマスコミが「根拠が無い」、「米国内の感染拡大の責任を中国に転嫁している」などとして非難したことは記憶に新しいところです。

 しかし、中国政府の発表するウィルスに関する情報は、もはや虚構に満ちあふれているということは誰もが知るところです。

 幸福の科学の霊査によれば、今回のウィルスは中国により生物兵器として開発され、実際に撒かれる過程で誤って武漢で漏れてしまい、最初に感染が広がったことが、昨年の2月の段階で明かされています(※2)。

 様々な状況証拠が明らかになるにつれ、幸福の科学の霊査の正しさが証明されてきています。

 ※1:https://www.cnn.co.jp/world/35171190.html
 ※2:大川隆法著『中国発・新型コロナウィルス感染 霊査』幸福の科学出版

5月
24

2021/05/24【次々に起きる中国にとって都合のいい状況とは】

 台湾で新型コロナの感染が広がっています。

 台湾は、迅速かつ厳格な隔離措置やITを駆使した抑制対策などにより、感染の抑え込みに成功していましたが、ここに来て感染が急拡大しています。

 台湾は中国の反対を受け、WHOの総会に未だ招待されていませんが、感染抑制の成功事例としてその知見を共有するために台湾の参加を後押しした欧米各国に対し、中国は「中国こそが成功事例である」として譲りませんでした。

 こうした出来事があった直後と言っていい時期の感染拡大は、中国の主張にあまりにも都合のいいように見えてしまいます。

 実際、台中両国の国民性を知っている知人は、「中国の人達の衛生観念や感染抑制意識が、台湾の人達よりも特段優れているという印象は無いので、中国だけが国内の感染をほぼ完全に抑えられているのは不思議だ」と話していました。

 また、近い将来の中国の競争相手であるインドの感染拡大が突出しているのも、同じように不可解な印象です。

 感染しやすいウィルスの変異があるにせよ、一時期の感染縮小でインドの人々の気が緩んだことが要因との見方があります。

 ただ、例えばアフリカの国々の中には、インドと同じかそれ以上に「カオス」な社会生活が営まれているところがたくさんあるにもかかわらず、なぜかインドほどの爆発的な感染拡大は起きていません。
 

 こうした疑問に対する納得のいく答えは、公にされている情報からは得られていません。

 単なる偶然として片付けてよいのでしょうか。

5月
21

2021/05/21【理想の政治家像を考えさせる映画】

 コロナ禍にあって政治家の方々が、日々、国家・国民のために尽くして下さっていることに敬意と感謝を申し上げます。

 一方で、政治家のスキャンダル報道も後を絶ちません。

 与党では、利権に絡む重大な問題が相次いでいることに止まらず、社会人として基本的な立ち振る舞いに関する問題まで報じられています。

 野党では、国民のためと言いつつも党勢拡大のための言動が多いと指摘されています。
 

 政治家に求められる資質の一つに「徳望」があると考えますが、現在の政治を見るにつけ徳望からは程遠い人物も少なからずいるように感じます。
 

 ところで、『美しき誘惑-現代の「画皮」-』(※)と言う映画が公開され、週末の動員ラインキングで1位を記録するほどの人気となっています。

 この映画は、本当の美しさとは何か、本当の愛とは何かを妖魔という存在を通して描いている作品ですが、実は、政治家に必要な徳望とは何かを教えてくれる一面があります。

 主人公の一人は政治家を目指す若者ですが、政治家が直面するであろう課題を絶妙なタッチで描いています。
 

 政治に興味のある方にも是非ご覧頂ければ、自我我欲に囚われない理想の政治家の姿を考えるきっかけになると思います。

 ※:https://utsukushiki-yuwaku.jp/

5月
19

2021/05/19【中国の強襲揚陸艦は何に使うつもりなのか】

 中国軍が新型の大型「強襲揚陸艦」を次々に開発、建造、就役させているとの報道がありました(※)。

 揚陸艦は、戦力を目的地に陸揚げする機能を持った軍艦のことで、強襲揚陸艦は、武力などを使用して力ずくで敵地に揚陸する機能が強化されています。

 中国の強襲揚陸艦の場合、自国の領土を奪い返す役割よりも、台湾や南シナ海周辺、あるいは尖閣諸島への侵攻を想定しているのは明らかです。

 

 中でも開発中の最新型は、揚陸艦でありながら攻撃機用の無人機を発進させるための「カタパルト」を装備しているとの報道があります。

 世界では、揚陸艦やそれに類する艦艇を保有している国はいくつかあり、米軍などは短距離離陸垂直着陸機を揚陸艦で運用していますが、揚陸艦にカタパルトを装備している国はありません。

 仮にカタパルトを装備して固定翼機を運用できるようになれば、もはや揚陸艦などではなく「空母」と言っても差し支えありません。
 

 中国軍は、既に2隻の空母を就役させ、更に2隻の大型空母を建造中とされます。

 加えて、今回の強襲揚陸艦が次々に就役すれば、一気に事実上の空母の数が増えることになります。
 

 中国軍の兵器体系は、強襲揚陸艦や空母の保有など、防衛目的というよりは、攻撃・侵攻目的の性格を年々強めています。
 

 こうした中国の不透明な軍拡には、国際社会で協力して対処するとともに、日本も中国の侵攻に抗するだけの最低限の国防力を保持する必要があります。

 日本の政治家の方々には、国防が国民の平和と安全を守るための基本であると正しく認識して頂き、自主防衛力の強化を怠ってほしくはないと考えます。

 ※:https://www.sankei.com/world/news/210516/wor2105160010-n1.html

5月
18

2021/05/18【トランプ批判で危惧される風潮とは】

 米国では、キリスト教徒の一部でワクチン接種を拒む傾向があるとして、批判的に報道されています(※)。

 多くの人がワクチン接種に肯定的である中にあって、キリスト教の福音派の中には政府への不信感やワクチンに関する疑念から接種拒否を表明している人が少なくないというものです。

 この報道元は反トランプの立場なので、トランプ支持層の多い福音派を「非科学的である」と伝えようとする意図が透けて見えます。
 

 しかし、WHOをはじめとする専門家が認めているように、現在のワクチン接種にはデメリットがあることは事実です。

 接種を勧める根拠は、あくまでもデメリットよりもメリットが上回るということに過ぎない訳ですから、デメリットを重視して接種しないと判断する人がいても何ら不思議ではないはずです。

 そもそも、現在の米国でこれほど早期にワクチン接種が可能となったのは、バイデン政権の功績ではなく、ワクチン開発を急がせたトランプ前大統領の功績によるところが大きいということも忘れてはなりません。
 

 従って、こういった報道は、トランプ氏の復活を恐れてトランプ支持層を批判しているとも受け止められかねません。

 また、恐怖心など心理面の影響が、免疫力と密接に関わることは医学的にも証明されています。

 よって、神を信じることは、自分自身が神の子であると信じることにつながり、自己肯定感・自己信頼感が増して免疫力を高めることも事実です。
 

 勿論、防疫上、必要な対策を講じることは前提として、正しい信仰に基づいて、神仏が守って下さると考えは非科学的なことではないのです。

 ※:https://www.cnn.co.jp/usa/35169433.html

5月
13

2021/05/11【日本経済の対中依存が高まることへの危機感】

 先ごろ発表された日本の昨年度の貿易統計によれば、輸入、輸出ともにリーマンショック以来の大きな落ち込みとなりました(※)。

 世界中に広まったコロナ禍による経済低迷の影響によるものと見られています。

 この統計で気になる数字があります。

 それは中国との貿易です。

 欧米との貿易額は軒並み落ち込む中で、中国との貿易額は2年ぶりの増加となっています。

 欧米との貿易が減少した分を、中国との貿易が一定程度カバーした形になっており、日本経済にとっては朗報と見る向きもあります。

 しかし、これはコロナ禍を契機に対中依存度が増したことに他なりません。

 欧米諸国は、コロナ禍による経済低迷の中にあって、人権問題などで中国への経済制裁に舵を切っています。

 これはある意味で、国際正義を貫く姿勢を示していると言えます。

 一方で日本は、制裁に消極的なことから、中国の様々な問題には目をつむって、経済的な利益を食んでいるようなものです。

 そこに正義はあるのでしょうか。

 「中国と波風を起こさないこと」、「経済的な実利優先」というのは本当に正義なのでしょうか。

 中国の経済発展による原資が、ウイグルでの大規模な強制収容所や、我が国をはじめとする周辺諸国を威圧する軍拡に使われているのです。

 ですから、中国に対し「民主化しなければ、これ以上の経済発展は無い」という姿勢で臨むことが大切です。

 日本経済の対中依存が高まることへの危機に、今こそ私たち日本人は目覚めなければなりません。

 たとえ対中貿易額が減少しようとも、覚悟も持って正義を貫くことこそが、自由・民主・信仰という価値観を守ることに繋がると考えます。

※:https://www.sankei.com/economy/news/210419/ecn2104190005-n1.html

5月
9

2020/05/09【中国の研究所起源説が世界の常識になりつつある】

 世界のコロナ感染者は、1億5千万人を超えました。

 特に、インドでの感染急増は深刻で、感染者が2千万人を超えたのは、米国に次いでインドが2か国目です。
 

 一方で、感染源である中国の感染者数は未だに10万人以下であり、14億人を擁する大国でありながら、感染者の少なさは奇妙に映ります。
 

 「全体主義が功を奏し、厳しい統制で感染を抑制できている」との見方がありますが、同じ全体主義国家で厳しい統制を強いている北朝鮮は、昨年末から感染拡大が深刻で、在平壌の外国大使館の職員は続々と逃げ出していることから、単に厳しい統制が感染抑制に繋がる訳ではないことが分かります。
 

 
 しかも、感染が深刻な国は、反中国の国や、中国と競争関係にある国が多いというのも解せません。
 

 こうした状況証拠から、中国が何かを隠していることは確実です。

 端的に言って、中国が今回のパンデミックの容疑者なのです。
 

 にもかかわらずWHOは、発生源の調査を容疑者である中国に主導させ、「中国はシロである」という調査結果を事実上受け入れてしまっています。

 バイデン政権も、アジア人差別を懸念して、中国人ヘイトに繋がる可能性があるとして発生源の調査には消極的です。
 

 しかし、ウィルスの起源が中国の研究所であるということに関して、世界の識者が続々と声を上げており、もはやコロナウィルス生物兵器説は、眉唾情報でもトンデモ情報でもなくなり、検証すべき科学的可能性となっています(※)。
 

 真実が白日の下にさらされることを願ってやみません。

 ※:https://the-liberty.com/article/18344/

5月
7

2021/05/07【“ウイグルでのジェノサイドの証拠がない”とは】

 G7の外相会議が開かれ、中国の南シナ海での軍事拠点化やウイグルでの弾圧などに対する深刻な懸念を共有したとのことです。

 G7各国が対中国で足並みをそろえることができた点は評価できるものです。
 

 ただ、中国に対する制裁に踏み切った欧米各国と、制裁に消極的な日本との間で温度差があることも事実です。
 

 過日も与党の政治家が、ウイグルでの民族浄化について「証拠がない」として制裁に慎重な姿勢を示したことが報じられていました。

 欧米各国は数々の証拠に基づいて制裁を実施しているのですから、日本政府として証拠を持っていないのなら、証拠の提供を受ければいいだけの話です。

 欧米と比べて中国との関係が重層的な日本は、日中関係を簡単に損ねる訳にはいかないという建前なのでしょうが、結果的に中国共産党政府による弾圧や、その隠ぺいに加担しているという事実を知らねばなりません。
 

 日本は、自由・民主・信仰といった大切な価値観を守るアジアの旗手であってほしいものです。

 ですから、心ある政治家であるならばもちろん、心ある経営者であるならば中国との関係を見直す勇気も必要であると考えます。

5月
5

2021/05/05【私たちは睡眠中に霊界に帰っている】

 某局の人気番組の企画で、「なぜあなた(生き物)は眠る?」という質問を取り上げていました。

 番組中では「飢え死にしないため」という答えがありました。
 

 生き物、特に野生の生き物は、いつもでも十分に食料を得られるとは限らないので、睡眠によりエネルギーの消費を抑え死ぬことを防ぐという太古からの性質があり、その性質が私たちにも残っていると言うことのようです。

 ただ、睡眠には他の理由もあると考えるべきではないでしょうか。

 なぜならば、仮に飢え死にしないためだけだとすると、飽食の時代には「睡眠という性質」が退化してしまってもおかしくはありません。

 しかし、睡眠という性質は先進国に居る現代の人間にも不可欠な性質です。

 実際、人間は24時間一睡もしないというのはたいへんな苦痛ですし、1週間寝ないなどということはほとんど不可能です。

 実は、睡眠には霊的に重要な意味があるのです。

 人間の本質は心であり魂です。

 人間は、あの世からこの世に生まれて、またあの世に帰ることを繰り返している霊的な存在です。

 この世での生活を送る中でもあの世のことを完全に忘れないために、また霊的なエネルギーを補給するために、あの世と呼ばれる霊界に一時的に帰っているというのが睡眠の霊的な真実なのです。

 睡眠中に懐かしい人と会う、場所が瞬時に移動する、天国の風景を観たり地獄体験をしたりと、脳の記憶とは言い難い鮮明さや生々しさを伴った不思議な経験を多くの人がしています。

 それは、夢の中で霊界に帰っている証です。

 科学的に証明ができないではないかと言う人もいるかもしれませんが、現代科学で証明できることがこの世界の全てではありませんし、近い将来、科学も霊界を含めた探究が始まるかもしれません。

 あの世がないということを証明できた人はいませんし、あの世を信じる人が世界の多数派であることも事実です。

 「人間には信仰の本能がある」と言われています。

 
 霊的人生観を受け入れることで、真に人間の本質が解明されていきます。

 


ご挨拶

愛するこの国のために

私は、この日本を、この兵庫県を愛しています。
現在、日本が抱える深刻な経済不況、国防の危機、教育の没落には目に余るものがあります。「この国の繁栄と安全、子供たちの未来を守りたい」その一心で、政治家を志しました。「幸福実現党」には、保守政党としての政策と、未来をつくる「チャレンジ精神」があります。皆様のご支援を心からお願い申し上げます。
高木よしあき

アーカイブ
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル