Archive for the ‘その他’ Category

2020/05/25【訪問系サービス事業所への支援充実を】

 訪問看護ステーションの看護師などが新型コロナウィルスに感染して、訪問看護サービスを停止せざるを得ない状況が生じ問題になっているとNHKが報じています。

 確かに、人工呼吸器や膀胱留置カテーテルなどを使用している患者さんにとっては、訪問看護が死活的に重要ですから、サービス停止時は代替手段を何としてでも確保しなければならないという切実な問題があります。

 一方で、訪問看護だけでなく、訪問系のサービスを提供している事業所の中には、利用者本人だけではなく、その同居家族に風邪の症状があった場合、訪問職員の感染を防止する観点から、1~2週間程度、サービスの提供を中止しているところが少なくありません。

 もしもサービス提供停止となった場合、利用者にとっては、先の訪問看護と同じ問題が生じることになります。

 こうした問題は、このブログでも何度か取り上げましたが、まだまだ見過ごされがちです。
 

 背景には、医療機関などに比べて脆弱な感染防止対策や、感染への心配があるものと思われます。
 

 しかし在宅で介護を行っているご家族の思いもはできるだけ尊重すべきと考えます。
 

 ですから、厚労省などはコロナ禍にあっても訪問系サービスの提供を行うよう呼び掛けるのであれば、利用者に不利益が生じないよう、訪問系サービスを提供している事業所への支援を、もっと充実する必要があるのではないでしょうか。

2020/05/22【中国の初動対応のまずさのツケを世界が払っている】

中国の習近平主席は、WHOの総会で、新型コロナウィルスの感染拡大について、「中国は透明性をもって情報を提供してきた」と述べました。
 

 しかし、言論の自由が認められていない中国が、いくら「透明性」を主張しても、そもそも検証のしようがないので、鵜呑みにすることは到底できません。
 

 世界では、中国で発生したこのウィルスによって500万人もの人に感染が広がろうとしていますが、適切な対応を行っていれば、感染拡大を食い止めることができることを、いくつもの国や地域の実例が示しています。
 

 つまり、中国で感染が発生した初期段階で、適切な措置が取られていれば、世界的な感染爆発は阻止できた可能性が高いことを示しています。
 

 まさに、米国が言うように、中国の初動のまずさのツケを世界が払わされていることになります。
 

 中国に言論の自由があって、政府の干渉を受けずに報道が行われていれば、中国政府の初動がここまで遅れることはなかったはずです。
 

 世界は、中国をいかに民主化するかということを真剣に考えなければなりません。

2020/05/20【国連機関トップの中国色の是正を】

 国連の15ある専門機関のうち4つの機関で、トップを中国出身の人物が占めています。

 この他に、WHOのテドロス氏のように、中国が多額の援助を行っている国の出身者がトップを務めている機関が複数ありますし、各機関の幹部まで含めばその数はもっと多くなります。

 その結果、今回の中国発の新型コロナウィルスに関するWHOの対応のように、それぞれの機関が中国共産党政府の意向を色濃く反映させた政策を行うようになっています。
 

 一国の出身者が複数の機関でトップや幹部を務める状況は異常であり、しかもその国は民主主義国家ではない一党独裁の全体主義国家ですから、まさに国連の機能が歪められているということに他なりません。

 こうした状況は、世界が力を合わせて是正する必要がありますし、ここに至るまで支援または黙認してきた勢力にも反省を迫る必要があるのではないでしょうか。

2020/05/11【長期戦になることを見据えた感染対策を】

 現在の日本では、法的強制力は限定的ながら、結構厳しい自粛要請が行われ、多くの国民の皆様も素直に従っています。

 その効果もあって、ここ何日かは新たな感染者数は減少傾向にあるようです。

 しかし、今回の新型コロナウィルスは治療薬やワクチンも未だ開発段階であり、ある程度“長期戦”になると見られています。

 そして、このまま緊急事態宣言が継続すれば、自粛疲れによる弊害が表れてくるのは明らかです。

 先行きが見えないことから精神的に不健康になる人も多いでしょうし、経済の低迷に起因する深刻な問題も様々に生じることになります。
 

 
 ですから、現在のように人の移動の制限に重点を置いて、経済活動の再開を二の次にする政策を長く続けることはできません。
 

 必要な疫学的な対策を施しつつ、自粛ムードを和らげて経済活動を活発化させることが必要と考えます。
 

 少なくとも、感染が蔓延していない地域にありながら必要なソーシャルディスタンスやマスクなどの感染症対策を施しても外出することがはばかられる雰囲気は変えなければならないのではないでしょうか。

2020/05/07【感染拡大に伴う居宅介護サービスの現実にもっと目を向けて】

 緊急事態宣言が延長されましたが、介護サービスに影響が及び、困っている利用者が多いとの話を聞きます。

 厚労省は、通所系のサービスの停止はやむを得ないとする一方で、訪問系のサービスは必要な感染防止措置をとって続けるよう通達しています。
 

 しかし、現実は、訪問サービスを利用している本人だけでなく、その家族に発熱などの風邪症状があった場合、訪問サービスの提供を一時停止している介護事業者が少なくないとのことです。

 その理由は、必要な感染防止措置といっても、介護事業者に医療機関並みの感染防止装備があるはずもなく、訪問ヘルパーへの感染リスクをぬぐえないからというものです。

 介護事業者の本音としては、PCR検査で陰性と確認できれば、サービス再開を判断する材料となるというものですが、現状では確認のためのPCR検査は行っていません。

 そうなると、PCR検査実施の基準に達していない、風邪症状の人がいる家庭では、訪問系のサービスを受けられないという現実があるのです。

 特に、入浴や摘便などは切実です。

 もちろんPCR検査は100%の確度があるものではありませんが、政府がこうした現実をどこまで把握しているのか疑問です。

 介護の形態は、それぞれの家庭で事情が異なるので、個々の判断を尊重すべきですが、できるだけ家族で面倒を看たいという思いは、最大限尊重すべきと考えます。

 感染拡大に伴う居宅サービスの現実にもっと目を向けるべきではないでしょうか。

2020/05/06【必要な防衛装備品は遅滞なく整えるべきでは】

 3月末で50年以上に渡って国土防衛の一端を担ってきた戦術偵察機「RF-4」などを擁する日本唯一の偵察航空隊が解散しました。

 実は、このRF-4は私たちにとって案外身近な航空機です。

 大きな地震などの災害が発生したとき、そのすぐ後に昼夜を問わず被災地付近の比較的低い高度を飛ぶ航空機を目撃したり飛行音を聞いたりした人も多いと思いますが、それはRF-4だったかもしれないからです。
 

 戦術偵察機は、航空写真等により敵の動きを探ることが主任務ですが、高い偵察能力を生かして、地震など災害発生時にいち早く現地に赴き、被災情報を関係機関に伝えてきたのです。

 

 戦術や用兵の変化に伴い、今後は最新の無人偵察機などがRF-4の任務の多くを引き継ぐことになります。
 

 RF-4など国防のための装備は、災害時にも有益なものが数多くあります。

 今回の新型コロナウィルスへの対応でも、多くの自衛隊員が活躍しています。

 今後の感染拡大の状況にもよるものの、感染対応の予算を確保するために防衛予算がやり玉にあがる可能性もありますが、必要防衛装備は遅滞なく整える必要があります。

2020/05/03【緊急事態宣言“延長”の弊害をもっと考慮すべきでは】

 緊急事態宣言が出されてから間もなく1ヶ月です。

 宣言の一番の目的である感染拡大の防止については、感染者数の増加に歯止めがかかっていることから一定の効果があったと言えそうですが、収束の見通しは立っていません。

 一方で、宣言による自粛ムードにより、日本経済は深刻な打撃を受けています。

 政府は、10万円の一律給付や、中小企業への持続化給付金など幾つかの経済対策を打ち出していますが、規模やスピードなど十分とは言えない状況です。
 

 こうした中で、政府は緊急事態宣言を延長する方向で調整に入っているとされます。
 

 しかし、現状のままで延長すれば、感染拡大を抑え込めないばかりか、日本経済を回復困難な状況に追い込むことになりかねません。
 

 経済が崩壊すれば、経済苦による自殺者の増加や、必要な感染対策のための原資が不足することにも繋がります。
 

 ですから、緊急事態宣言の延長は慎重に判断すべきと考えます。

 政府は、より的を絞った感染対策とともに、早期の経済再開の道筋を示すべきではないでしょうか。

【参考】:幸福実現党プレスリリース「緊急事態宣言の早期解除を求める(党声明)」https://info.hr-party.jp/press-release/2020/10806/

2020/04/30【ウィルスの感染は悪霊の憑依と同じ原理】

 最近のニュースの話題は、新型コロナウィルス関連が多くを占めています。

 毎日、不安を募らせている方々も多いのではないでしょうか。

 同様に、「最近、体がだるい」、「昨日から微熱がある」、「咳や鼻水が出る」などと感じている人の中には、インターネットでサーチして、自分の症状に当てはまる新型コロナウィルスの症例を見つけ出して、更に不安感を増大させている人も少なくないと思います。

 こうした不安から生じる恐怖心などのストレスが免疫力を低下させることは医学的にもよく知られています。

 また、霊的な視点からは、「ウィルスの感染は悪霊の憑依と同じ原理」との考え方があります。

 ウィルスが人間にとって悪しきものであるならば、その悪しきものと同通する心を持っていると、悪霊を引き寄せるようにウィルスを引き寄せ、感染してしまうのです。

 
 その悪しきものと同通する心として典型的なのが恐怖心なのです。
 

 医学的にも霊的にも、恐怖心が感染に大きく関わっていることが分かります。
 

 ですから、必要な疫学的な対策を講じたうえで、テレビやインターネットなどからの新型コロナウィルスの話題をいったん遮断して、明るく前向きな気持ちになるよう心掛ける時間を設けることも、心の安定のためには必要であると考えます。

2020/04/25【在宅介護への支援強化で国家社会主義からの脱却を】

 私の友人に、認知症の配偶者の介護を自宅で長年続けている方がいます。

 その方は、一昨晩から37.5度程度の発熱があったので、担当のケアマネージャーにその旨を伝えたのだそうです。

 すると、訪問看護、訪問介護、訪問入浴、デイサービスなど、利用している全ての事業者から2週間のサービス中止の連絡があったとのことです。
 

 新型コロナウィルスによる感染が拡大している中では、サービス提供者だけでなく、他のサービス利用者を守るためにも必要な措置かもしれません。
 

 しかし、感染確認だけのためのCPR検査が受けられない現状では、当面、その方が全ての面倒を看なければならず、途方に暮れていました。

 既成の政治家は、福祉制度について「あまねく公平に」、「誰一人として見捨てない」、「より手厚く」などと耳障りのいい言葉を繰り返しますが、少なくとも今回の件に関しては、必要なところに救いの手が差し伸べられていないと言えます。

 保守と言われる既成政党でも、福祉政策について、全て国が面倒を看るという国家社会主義的な傾向が高まっています。

 
 これでは、ますます重税国家となり、国民の自由が制約されることになりかねません。

 ですから、こうした「家族の面倒はできるだけ家族で看る」という人に対するインセンティブを高める努力も必要ではないでしょうか。

2020/04/21【霊的人生観を持つことで不安を解消できる】

 新型コロナウィルスによる感染者数や死者数の増加を、連日、マスコミが伝えています。

 特に、高齢者や基礎疾患がある人は、重症化や死亡するリスクが高いとして警鐘を鳴らしています。
 

 こうした報道の影響もあって、ヘビースモーカーや過去に肺炎を患ったご高齢者などでは、「罹患したら自分は助からない」とたいへん心配している人も少なくないようです。

 確かにリスクは高いのかもしれませんが、絶対にそうなるという訳ではないので、諦めるのは早計です。
 

 諦めが、いい意味で開き直りに繋がればいいのですが、恐怖心を募らせるのであれば、むしろ自ら不幸を呼び込むことにもなりかねません。
 

 ですから、新型コロナウィルス関連の報道からは、意識して逃れることも大事です。
 

 それでもなお、強い不安感から逃れられないのであれば、他人にその不安感を打ち明けることがストレス低減に繋がるともいわれますが、根本的な解決策にはならないのではないでしょうか。

 やはり、霊的人生観を持つことこそが不安に対する究極の解決策です。

 逆説的ですが、死後の世界を知ることは、不幸を遠ざけてこの世での幸福に繋がるのです。

アーカイブ
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル