幸福実現党
The Libertyweb
10月
15

2015/10/16【多くの人が自衛隊や在日米軍の必要性を理解しているという事実】

 自衛隊では、毎年一回、陸海空の部隊が持ち回りで観閲式を行っています。
観閲式とは、指揮官や国民などが、自衛隊の訓練の様子や装備を観覧する式典のことです。
今年は、海上自衛隊の番ですので観艦式と呼ばれ、18日に神奈川県沖で行われます。

 今年の観艦式や事前の訓練には、例年の2倍となる約16万通もの応募はがきが寄せられたとのことです(※1)。

 また、12日に行われた米海軍横須賀基地に新たに配備された原子力空母「ロナルド・レーガン」の一般公開には、1万5千人以上もの人が見学に訪れました(※2)。

 先に成立した安保法制の審議では、国会前で法制に反対する数万人規模のデモが行われたと報じられ、あたかもほとんどの国民が安保法制に反対しているかのような印象を与えるマスコミもありました。

 しかし、観艦式や米空母の一般公開への関心の高さから、実際は国民の間にも自衛隊や米軍を肯定している人の割合が高いことが伺い知れます。

 一部の著名人が安保法制反対の立場でマスコミに登場したり、労組が組織ぐるみで反対の立場を取ったりして、安保法制に賛成と感じている人も、表立って賛成と言えない雰囲気があったことは否めません。

 現実には戦争に関わりのある全てのものが戦争に繋がるわけではありません。
必要な防衛力をきちんと整えておくことが、戦争を抑止し、平和に繋がるのです。
こうした考えを多くの人に理解して頂きたいと思います。

※1:10月15日付NHKニュースhttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20151015/k10010271541000.html
※2:10月14日付読売新聞http://www.yomiuri.co.jp/national/20151013-OYT1T50110.html

10月
15

2015/10/15【エネルギ-問題にも見える「正当性と先見性」を確認すると・・・】

 全国で2基目となる原発が、10月15日に再稼動します。
稼動するのは、鹿児島県にある九州電力川内原発2号機で、同原発の1号機に続いての再稼動となります。

 原発の再稼動を進める安倍政権ですが、昨年行われた総選挙や、その前に行われた鹿児島2区の衆院補選で、原発再稼動の必要性を明確に掲げて戦ったのは幸福実現党だけであり、自民党は争点化を避けていたことを思い出します。
 

 事態は、結局、幸福実現党が主張した方向に進んでいます。
改めて、幸福実現党の主張には、正当性と先見性があるということがわかります。
同時に、堂々と正論を主張する幸福実現党は、政党として本来あるべき姿と感じます。

 原発の再稼動については、今後も、安全が確認されたものから順次行っていくべきであると考えます。
それは、単に経済的な観点からだけではなく、安全保障の観点からも必要だからです。
更には、世界一安全な原発を世界に供給することで、責任ある国家として国際社会に貢献するために必要な措置であると考えます。

10月
13

2015/10/14【地方自治体の許認可権限を見直すべきでは】

 沖縄県の翁長知事が、沖縄防衛局に対し、辺野古地区での埋め立て承認の取り消しを通知しました。
翁長氏は、既に前知事が承認していた埋め立てを取り消した理由として、県内移設を「地理的に優位」とする根拠が具体的に示されていない、対象地は貴重な自然を有し、埋め立てると自然への回復がほぼ不可能なことなどをあげています(※1)。
 

 しかし、これらの理由は、取り消しを発出するための言い掛かりに過ぎません。
そのため、取り消すに足る正当な理由でなく、明らかに地方自治体の長として越権しているものです。

 沖縄に米軍が存在する理由の一つが、中国という一党独裁国家による露骨な軍事的な覇権拡大に対処するためですが、翁長氏の行為は、中国の思惑と一致するものであり、日本の安全保障を脅威にさらしていることから、外患誘致の疑いさえあります。

 幸福実現党は、今回の件を受けて、外交・安保分野に関する地方自治体の許認可権限を見直すよう、声明を発表しています(※2)。
一地方自治体の暴走とも言える行為で日本全体の安全保障が危機に見舞われている訳ですから、今回のような事態を繰り返さないためにも、是非見直しを検討すべきではないでしょうか。

※1:10月13日付読売新聞http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151013-OYT1T50017.html?from=ycont_top_txt
※2:幸福実現党プレスリリース「沖縄県知事による辺野古埋め立て承認の取り消しを受けて(党声明)」http://info.hr-party.jp/press-release/2015/4853/

10月
13

2015/10/13【孔子平和賞へのノミネートを予言】

 「孔子平和賞」という言葉をご存じでしょうか。
2010年に中国の民主化を求める中国人の作家、劉暁波氏がノーベル平和賞を受賞したことに対抗して、中国政府が深く関わる団体が創設した報奨制度と言われています。
孔子平和賞は、これまでにキューバのカストロ元首相やロシアのプーチン大統領が受賞していますが、中国政府の政治的な意向が強く反映されていることが伺えます。

 その今年の孔子平和賞に、村山元首相の名前が最後まで残ったとのことです(※1)。
結局、世界的には独裁者として悪名が高いものの、中国との繋がりが深いジンバブエのムガベ大統領が受賞することになりましたが、村山氏は健康上の理由で授賞式に参加できないなどとして固辞したことがムガベ氏受賞の一因になった模様です。

 村山氏の孔子平和賞へのノミネートは、南京大虐殺なるものを世界記憶遺産に登録申請するなど中国政府による一連の歴史認識に関する攻勢の一環であることが推測されます。

  実は、村山氏の孔子平和賞の受賞の可能性に関しては、既に2年前、幸福の科学の大川隆法総裁が、村山氏の守護霊の霊言を行っており、その中で村山氏の守護霊が「(自分には)ノーベル平和賞は無理かと思うけど、『孔子平和賞』の可能性がちょっとあるんじゃないかと思う」などと語っていました(※2)。
 

 まさに守護霊の言葉が現実化したことが分かります。
村山氏は、9月に中国で行われた抗日記念行事にも参加していますが、軍拡を進める一党独裁国家の意向に沿うことが、平和ではなく戦争を招き寄せる危険性があるということを理解すべきではないでしょうか。

※1:10月11日付産経新聞http://www.sankei.com/world/news/151010/wor1510100035-n1.html
※2:大川隆法著『「河野談話」「村山談話」を斬る!』幸福の科学出版http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=992

10月
12

2015/10/12【本当に?翁長沖縄知事は、中国軍に入ってきてほしと願っているのか!?】

 沖縄県の翁長知事は、普天間基地の移設先である辺野古地区沖合の埋め立て承認を取り消すことを決めました(※)。
 

 防衛省側は取り消しの無効を求めて国土交通相に申し立てることにしており、今後は法廷闘争なども考えられ、普天間基地の速やかな移設に支障をきたすことになることは明らかです。
 

 翁長氏の行為は、普天間基地の危険性を放置するということであり、また、沖縄県だけでなく日本全体の安全保障を危険にさらすことになり、中国が「まさにそうしてほしい」という行為そのものです。
 

 忘れてはならないのは、中国は尖閣諸島を含む沖縄を手中に治めたいと虎視眈々と狙っているということです。
中国は、1960年代までは尖閣諸島を外交上、日本の領土として認めていましたが、1970年代に油田が確認されると突如として領有権を主張し出したのです。
更に、中国共産党の機関紙は、沖縄は中国の配下であると主張することをはばからなくなっています。

 沖縄から米軍が出て行って、代わりに入ってくるのは中国軍です。
沖縄の人々は本当にそれでいいと思っているのでしょうか。そうではないはずです。

 しかし、翁長氏の行動から、同氏は中国軍が入ってきてもいいと思っている節があります。
もしも、翁長氏が中国軍に入ってきてほしいと願っているのであれば、中国が民主化された後にするのが、よほど筋が通っているのではないでしょうか。

※:10月11日付NHKニュースhttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20151011/k10010266601000.html
【参考】:大川隆法著『沖縄の論理は正しいのか?―翁長知事へのスピリチュアル・インタビュー―』幸福の科学出版https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1459

10月
10

2015/10/11【ユネスコが中国の捏造にお墨付き】

 中国が、いわゆる南京大虐殺と従軍慰安婦のものとされる資料を世界記憶遺産に登録申請している問題で、南京大虐殺が登録されることに決定した模様です。

 従軍慰安婦は保留となったものの、数々の証拠から南京大虐殺なるものが存在しなかったことが明白であるにも関わらず、捏造や誤認などした資料の記憶遺産登録で、南京大虐殺があたかも歴史的事実であるかのようになってしまいました。

 論理的かつ客観的に判断すれば、登録申請は却下して然るべきものですが、それが登録することに決定したということは、世界記憶遺産という制度が中国によって政治的に歪められたということになります。

 日本政府は、今回の件を受けてユネスコへの支出を見直すことも検討しているようですが、国連への分担金そのものを見直すべきではないでしょうか。

 今回の件では米国の反応も鈍いようですが、国連という枠組みが戦勝国の立場で創設されたことも関係しているのではないでしょうか。

10月
9

2015/10/10【幸福実現党が沖縄県知事に抗議文を提出】

 琉球独立などという考えは、一般の沖縄県民にとって、ましてや日本国民にとって、寝耳に水です。

 しかし、最近、一部の左翼勢力が在日米軍基地の問題と絡めて沖縄の独立を煽る動きを強めているようです。
こうした動きは、表立って報道されていませんが、世界中が一党独裁国家である中国の覇権拡大に懸念を強めている中で日本を分断することは、全日本国民を危険にさらすことに他なりません。

 こうした中で幸福実現党は、沖縄県本部が中心となって、左翼勢力のたくらみを阻止すべく具体的な活動を行っており、8日には、沖縄県知事などに抗議文を提出しています。

 沖縄では保守の考え方が意図的に報道されないことが多いのですが、幸福実現党沖縄県本部の金城竜郎副代表が情報発信しています(※)。
ぜひ、こちらもご覧になって沖縄の現状を把握して頂きたいと思います。

※:金城竜郎ブログhttp://ishin0507.ti-da.net/

10月
9

2015/10/09【またもおせっかい?】

 安倍首相が、日本の携帯電話料金が高すぎるとして負担軽減策の検討を指示したことに対し、大手通信会社の経営者などから「おせっかいだ」などと批判の声が上がっています(※)。
 

 料金設定は企業の裁量の範囲内ですから、こうした批判はもっともです。
もしも携帯電話料金が高い原因が法や制度にあるのであれば、政府は速やかに対策を講じるべきですが、そうでなければ自由な競争に任せるべきではないでしょうか。

 確かに、様々な料金プランが存在する日本では、利用者が必ずしも適切なプランを選択している訳ではないという問題もありますが、日本は単位通信量当たりの料金が諸外国に比べて取り立てて高いわけではありません。

 安倍首相は、先にデフレ脱却のために経営者に賃上げを要請したこともありますが、今回の「通信料金が高すぎる」発言と合わせて、市場経済や自由主義経済を守るという観点から、何か歪んだものを感じずにはいられません。

 その意味では、幸福実現党こそが真の保守政党と言えます。
なぜならば、個人の自由の範囲をできるだけ拡大することで個人だけでなく国としても発展する政策を基本としているからです。
宗教団体が支持母体の政党は全体主義に陥りがちとの指摘がありますが、個人の自由を尊重する幸福実現党はそうした批判はあたらないことが分かります。

※:10月8日付読売新聞http://www.yomiuri.co.jp/economy/20151008-OYT1T50092.html?from=ytop_main4

10月
7

2015/10/08【「安倍改造内閣に求めることとは何か」を考えてみると】

 安倍首相は、第3次安倍改造内閣の人事を発表しました。
閣僚の顔ぶれは、初入閣が9人、再入閣が1人、留任が9人となっています。

 安倍首相は、改造内閣発足後の記者会見で、一億総活躍社会の実現に向けて経済最優先で取り組むとしています。

 安倍首相の掲げる経済最優先は良しとして、急ぐべき具体的な経済政策はこれから取りまとめるとのことですが、経済最優先というのであれば、「再来年に控えている消費税の10%への再増税が景気の冷え込みにつながるという過去の教訓から、消費増税こそ撤回すべきではないか」というのが自然な考え方と思えてはなりません。

 景気回復の足取りがおぼつかない中で、600兆円のGDPを目指す強い経済、出生率の向上を目指す子育て支援、介護離職ゼロを目指す社会保障などといった「新三本の矢」というアクセルを踏んでも、消費増税という確実に消費を冷え込ませるブレーキを踏んでしまえば、新三本の矢は折れてしまうのではないでしょうか。

 また、安倍首相は、経済を前面に掲げることで、先の安保法制成立に伴う世論の批判を逸らそうとしているのかもしれませんが、本当に国民の安心安全を守りたいのであれば、国防強化を怠ってはなりません。
 

 ですから、安倍首相は、自らが掲げていた「戦後レジームからの脱却」を果たすよう、今度こそ憲法9条の改正を正々堂々と訴えてほしいと考えます。

10月
6

2015/10/07【科学が見つけた神の足跡】

 今度はノーベル物理学賞に東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長が選ばれました。
梶田氏は、ニュートリノなどの素粒子物理学の分野での功績が評価されての受賞です。
連夜の受賞の知らせに日本人として本当にうれしく思います。

 ノーベル物理学賞は既に多くの日本人研究者が受賞しており、素粒子物理学や理論物理学といった分野は日本の強みの一つと言えそうです。
こうした分野の功績は、昨年受賞したLEDの研究などとは少し異なり、今すぐに私たちの生活に影響を及ぼす訳ではありませんが、科学的観点からの宇宙や物質の成り立ちといった根源的な問題を解明する上で重要です。

 実は、この宇宙や物質の成り立ちといった根源的な問題を解明しようとすればするほど、神や創造主といわれる存在を感じざるにはいられないという科学者も多いと聞きます。

 かのアインシュタインも、「宗教なき科学は不完全であり、科学なき宗教は盲目である」と語っています。
謎を解明するにあたって、既知の科学を駆使して一つ一つ積み重ねていく努力ももちろん大切ですが、霊的な視点や宗教的な視点から考察を加えることも今後科学を飛躍させるために必要ではないでしょうか。

【参考】:佐鳥新著『科学が見つけた神の足跡』幸福の科学出版http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1555


ご挨拶

愛するこの国のために

私は、この日本を、この兵庫県を愛しています。
現在、日本が抱える深刻な経済不況、国防の危機、教育の没落には目に余るものがあります。「この国の繁栄と安全、子供たちの未来を守りたい」その一心で、政治家を志しました。「幸福実現党」には、保守政党としての政策と、未来をつくる「チャレンジ精神」があります。皆様のご支援を心からお願い申し上げます。
高木よしあき

続きを読む

高木よしあきチャンネル
高木よしあき活動マップ
アーカイブ
最新ツイート
ご連絡先
事務所  事務所

〒663-8003
兵庫県西宮市上大市4-5-9
TEL:080-3259-7912
受付時間:10:00~18:00
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル