幸福実現党
The Libertyweb

2018/06/13【交渉の行方に予断を持たない】

 世界が注目する中で米朝首脳会談が行われ、合意文書が交わされました。

 記者団の前での両首脳の発言や合意文書には友好的な言葉が並び、マスコミの多くも米朝融和を伝えています。

 日本のマスコミの中にも、「今回の米朝会談を見ると一年前までは米朝の軍事衝突が差し迫っていたことが信じられない」と伝えるところもあります。

 トランプ大統領の言動や米軍の配置を見れば、米国が軍事的な選択肢を排除していなかったことは事実であり、米朝衝突を覚悟しておくことは必要なことでした。

 しかし、左翼的なマスコミの多くは、軍事衝突はありえないと伝えていたのですから、今になって「軍事衝突が差し迫っていた」と伝えるのには奇異な感じがします。

 ただ、米朝の軍事衝突の可能性が無くなったと考えるのは早計ではないでしょうか。

 今回の会談後の記者会見でもトランプ大統領は、軍事衝突は避けたいと明言していますが、米国が北朝鮮を完全に信用している訳ではありません。

 それは、非核化が完了するまで経済制裁を続けるとした言葉にトランプ大統領の本心が現れているのではないでしょうか。
 

 今回の首脳会談は、平和的にせよ、非平和的にせよ、非核化や朝鮮半島の恒久平和に向けて、米朝がはじめの一歩を踏み出したにすぎません。

 その行方は、今後の米朝交渉に委ねられていますが、交渉は予断を許さないタフなものになることが確実です。


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Comments are closed.

アーカイブ
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル