幸福実現党
The Libertyweb

2017/05/10【憲法改正を行う理由が二枚舌では民意はついてこない】

 安倍首相は、昨年、集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法を、ほとんどの憲法学者が違憲としたにもかかわらず、日本の安全保障のために必要であるとして成立させました。

 安全保障関連法は、まだまだ不十分な内容だと思いますが、日本を取り巻く現下の情勢を踏まえれば、安全保障関連法を成立させた安倍首相の姿勢は一定の評価ができるものでした。

 一方、安倍首相は、憲法改正案として第9条に自衛隊に関する条項を加えることについて、今国会でその理由を問われると、多くの憲法学者が自衛隊を違憲としていることを挙げました。

 安全保障関連法では憲法学者の意見をはねのけ、憲法改正では憲法学者の意見を尊重するという姿勢は、ダブルスタンダードであるとする野党側の指摘もあたっています。

 ならば、第9条の改正は日本の安全保障のために必要であると、はっきりと言うべきではないでしょうか。
現行の第9条では日本を守れません。
国民の安全と生存を外国に委ねるような憲法では、悪意を持った外国による侵略を招き寄せる可能性があります。

 憲法学者の意見も大切ですが、まずは国を守るために憲法はどうあるべきかを考えて憲法改正を行うべきではないでしょうか。


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Leave a Reply

高木よしあきチャンネル
高木よしあき活動マップ
アーカイブ
最新ツイート
ご連絡先
事務所  事務所

〒663-8003
兵庫県西宮市上大市4-5-9
TEL:080-3259-7912
受付時間:10:00~18:00
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル