幸福実現党
The Libertyweb

2014/04/25【尖閣は日米同盟の適用対象】

オバマ大統領の訪日で、オバマ大統領自身の口から「尖閣諸島は日米安保の適用対象」との言質を得たことは評価できます。

つまり、沖縄県の尖閣諸島を中国が力によって奪おうとした場合、その対処のために米軍が行動するということを米国が明言したことになり、尖閣諸島の奪取を目論む中国に対する大きな抑止力となるからです。

ただし、日本としては今回のオバマ大統領の発言で、大船に乗ったつもりでいる訳にはいかないのも事実だと思います。

日米同盟による抑止力は、米国の力が強大であるからこそ機能しているのであって、明らかに退潮傾向である米軍が今後も極東アジアで大きなプレゼンスを示し続けられるのか疑問だからです。

現に、中国は核兵器を保有し、近い将来、米国本土を射程に収める潜水艦発射式の弾道ミサイルを配備すると言われており、米国が核戦争の危険を冒してまで中国との衝突を覚悟するとは考えにくいのではないでしょうか。

日本としては、米国との同盟は堅持しつつも、やはり独自の防衛力を高める努力をしなければなりせん。

同時に、米国以外の国々と連携して中国包囲網を形成する必要があります。

【参考】4月24日付幸福実現党プレスリリース「日米首脳会談を受けて」http://info.hr-party.jp/press-release/2014/2934/


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Leave a Reply

アーカイブ
最新ツイート
ご連絡先
事務所  事務所

〒663-8003
兵庫県西宮市上大市4-5-9
TEL:080-3259-7912
受付時間:10:00~18:00
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル