幸福実現党
The Libertyweb

2013/10/10【尖閣での聖火リレー】

中国の駐米大使が講演で、「第2次大戦後の国際秩序に挑戦することはできない」と述べ、沖縄県の尖閣諸島を念頭に日本の姿勢を批判しました(※1)。

中国は、米国とともに戦った第2次大戦を引き合いに出すことで、尖閣諸島に関する中国独自の主張について、米国の理解を得たい思惑があると見られます。

この中国の駐米大使の発言に対し菅官房長官は、「自らの国の立場だけに立ったプロパガンダの一つと思える発言だ」と反論しました(※2)が、この反論は至極真っ当と言えるものです。

中国が尖閣諸島に関して強硬な姿勢を続けるのであれば、日本も領土問題に関しては断固たる姿勢を貫くという気概を示すために、「東京オリンピックの聖火リレーの地に尖閣諸島を含める」ことを検討しているとして、中国を牽制してはどうでしょうか。

日本政府は、尖閣諸島に関して、自らは動かずに可能な限り中国を刺激しない方針で臨んでいるようですが、今後、中国は様々な動きを仕掛けてくるものと予想されます。

日本も、様々な駆け引きの手段を用意しておく必要があるのではないでしょうか。

※1:10月9日付産経新聞http://sankei.jp.msn.com/world/news/131009/chn13100912430003-n1.htm

※2:同http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131009/plc13100914240016-n1.htm


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Leave a Reply

アーカイブ
最新ツイート
ご連絡先
事務所  事務所

〒663-8003
兵庫県西宮市上大市4-5-9
TEL:080-3259-7912
受付時間:10:00~18:00
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル