幸福実現党
The Libertyweb

2013/08/03【日本の首相ならば靖国参拝を当然なすべき】

米議会調査局は、安倍首相終戦記念日靖国神社を参拝すれば北東アジア地域の緊張が激化する可能性がある、とする報告書を発表しました。

この報告書は、安倍首相に靖国神社参拝を思い止まらせるための米国による圧力と見ることができます。

しかし靖国神社参拝は日本の首相として当然なすべきことです。

なぜならば、国家のために命を捧げた英霊たちに対して、首相が参拝し感謝を捧げることは、国家として当然の義務であり、他国に批判されるいわれは全くないからです。

それにもかかわらず、中国や韓国は、日本の首相の靖国神社参拝を政治カードとして利用しています。

日本の度重なる謝罪外交や靖国神社参拝自粛は、両国関係の改善に資するどころか、より強固な反日姿勢へと繋がっている現実があります。

それなのですから、もしも安倍首相が靖国神社を参拝すれば、中国と韓国が反発するのは必至ですが、「内政干渉だ」の一言で退ければいいことなのではないでしょうか

まったくもって、与党の自民党も頼りにはなりません。

よって、幸福実現党は、8月2日、「8月15日終戦記念日の首相靖国参拝を求める(党声明)」をプレスリリースとして出しました(※)。

安倍首相にも、幸福実現党にならい毅然とした態度で靖国参拝を実行してもらいたいと考えます。

※:http://info.hr-party.jp/press-release/2013/1915/


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Leave a Reply

アーカイブ
最新ツイート
ご連絡先
事務所  事務所

〒663-8003
兵庫県西宮市上大市4-5-9
TEL:080-3259-7912
受付時間:10:00~18:00
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル