幸福実現党
The Libertyweb

2013/05/03【まったなし!憲法改正の必要性】

5月3日は憲法記念日です。

私たち幸福実現党は、現行の日本国憲法は抜本的な改正が必要であると考えています。

幸福実現党の大川隆法総裁が、「新・日本国憲法試案」(※1)を発表してから4年近く経ちます。

この発表以前は、世論の憲法改正機運が高いとは言えない状態でしたが、現在では、憲法改正論者の安倍首相が政権を担うようになるとともに、産経新聞が憲法試案を発表する(※2)など、ようやく改正機運が高まってきています。

現行の憲法には、米国が占領政策の一環として、日本が二度と歯向かってこないように、精神的にも、軍事的にも弱体化させる意図がありました。

特に、戦前、日本神道が国民を束ねる役割を担ったため、宗教を骨抜きにしました。

その結果、善悪を判断する根源である宗教を社会の表側から排除するように捉えられてしまいました

また、現行憲法では軍事を骨抜きにし、戦争や軍隊に対する罪悪感を徹底して植えつけられたため、国を守る気概を根絶させられました。

私たちは、日本国憲法で、主権国家として当たり前の「宗教を尊敬」し、「自分の国は自分で守る」ことを明確にしたいと考えています。

人権は、もともと「人間は神の子であるから尊い」ということに依拠しているので、神仏の存在を前提にしなければ成り立たないものですし、宗教は民主主義を守るためにも欠かせません

また、「国を守る」ということは、戦争を助長することではなく、健全な愛国心を取り戻すことです。

現代の日本は、現行憲法の前文にある「平和を愛する諸国民」だけに囲まれている訳ではないことが明らかです。

日本を守るためにも、早急に憲法を改正する必要があるのではないでしょうか。

※1:http://www.the-liberty.com/article.php?pageId=5&item_id=653

※2:4月26日付産経新聞http://sankei.jp.msn.com/pdf/2013/04/kenpou0426.pdf


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Leave a Reply

アーカイブ
最新ツイート
ご連絡先
事務所  事務所

〒663-8003
兵庫県西宮市上大市4-5-9
TEL:080-3259-7912
受付時間:10:00~18:00
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル