幸福実現党
The Libertyweb

2013/01/22【自虐史観による偏向教育が行われていないか】

前回、このブログで、南京大虐殺は捏造に過ぎない数々の証拠がある旨を述べました。

しかし、教育の現場では、こうした歴史を歪めて教えるいわゆる「自虐史観」により授業が行われている学校があるとのことです。

幸福実現党宮城県本部第4区支部長の村上よしあき氏によると、宮城県内のある小学校の歴史授業では、教科書を全く使用せず、副教材と教師オリジナルの板書のみで授業を進めているとのことです(※)。

その内容は、近現代の日本が、アジア諸国で残虐の限りを尽くし、如何に悪い国であったかということのようです。

日教組など、典型的な左翼思想による刷り込みではないでしょうか。

しかし、実際は、日本によってアジア諸国が欧米の植民地支配から解放された事実や、近代化のため現地に莫大な投資をしたことなど、アジア諸国の発展のために多大な貢献をした面があることは事実であり、現地の教科書に記されている場合があるほどです。

このように日本は、世界から肯定的な評価を受けています。

例えば、英国のBBC放送による国際世論調査によると、「世界に最もよい影響を与えた国はどこか」という質問で、第1位が58%を得た日本だったということです。

一方で、同じ調査で、「自分の国を評価する」という質問では、カナダ、ブラジルが88%、中国は86%、フランスは75%、ロシアは72%などであったのに対し、日本は41%と他国に比べて極めて低い結果だったということです。

国民が自分の国を愛せないようでは、その国の発展は望めません。

日本で自国を愛せない国民が多いという背景には、自虐史観による歴史教育も影響しているのではないでしょうか。

自虐史観による歴史教育は、今現在も身近な学校で平然と行われており、私たちの大切な子供たちは何も知らないまま、そして親も知らないまま、偏向した授業が繰り返されている可能性があるのです。

国民が自虐的な歴史観を持っていると、他国に侵略される糸口にさえなってしまうのです。

私たちは、子供の歴史授業がどのように行われているのか、常に気を配っておく必要がありそうです。

そして、私たち幸福実現党は、政治の面からも、自虐史観による歴史教育の是正を求めて、これからも活動して参ります。

※:1月14日付HRPニュースファイルhttp://www.hr-party.jp/new/2013/33258.html

実際は、日本によってアジア諸国が欧米の植民地支配から解放された事実や、近代化のため現地に莫大な投資をしたことなど、アジア諸国の発展のために多大な貢献をした面がるのです。こうした事実は、現地の教科書に記されている場合がるほどです。

このように、自虐史観による歴史教育は、現在只今も身近な学校で平然と行われており、皆さまの大切な子供たちは何も知らないまま、そして大多数の親も知らないまま、偏向した授業が繰り返されています。


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Leave a Reply

高木よしあきチャンネル
高木よしあき活動マップ
アーカイブ
最新ツイート
ご連絡先
事務所  事務所

〒663-8003
兵庫県西宮市上大市4-5-9
TEL:080-3259-7912
受付時間:10:00~18:00
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル