幸福実現党
The Libertyweb

2012/10/27【中国版GPS構築】

10月26日、中国は、自前のGPSとして16基目の衛星を打ち上げました(※)。

これにより、中国版GPSが完成し、来年初めから中国とその周辺地域でサービスを開始するとのことです。

しかし、GPSは商業利用のほか、現代の軍事作戦においてなくてはならないシステムであり、中国版GPSの軍事利用が懸念されています。

GPSは、自己の正確な位置把握や、兵器の命中精度の向上などに効果が絶大です。

中国は、今後、米国のGPSに頼る必要がなくなるため、中国軍の能力向上に大きく寄与する可能性があります。

一方で、中国は、日本のJAXAが来年打ち上げを予定している人工衛星「ALOS2」について、「尖閣諸島の監視強化だ」として反発しています。

ALOS2は陸域観測技術衛星「だいち」の後継機で、災害状況把握や資源探査、地域観測などで利用されるほか、偵察衛星としての国防への利用も考えられているものです。

日本は、情報収集衛星の運用の歴史は浅いのですが、中国は既に多数の偵察衛星を運用しているとされます。

日本も、こうした中国の動きに対し、米国に頼るだけではなく、自前で必要な策を講じ、抑止力を高めておくべきではないでしょうか。

※:10月26日付産経新聞http://sankei.jp.msn.com/world/news/121026/chn12102611370003-n1.htm


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Leave a Reply

アーカイブ
最新ツイート
ご連絡先
事務所  事務所

〒663-8003
兵庫県西宮市上大市4-5-9
TEL:080-3259-7912
受付時間:10:00~18:00
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル