幸福実現党
The Libertyweb

2012/10/17【陰で操っているのは】

全米共和党顧問アジア担当でもある幸福実現党のあえば広報本部長のブログを拝見しておりました。

すると、一連の尖閣諸島の国有化に起因する日中間の混乱は、習近平次期国家主席が裏で関わっている可能性があるとのことです。

日本政府による尖閣諸島の国有化を黙認すべく、日中間の実務レベルで交渉していたものを、習氏がひっくり返して日中間の対決を作り出したということのようです。

確かに、外交オンチの民主党といえども、今回の尖閣諸島の国有化では、野田政権のあまりに稚拙な外交を感じます。

穿った見方をすれば、中国側からは極右に映る石原東京都知事が尖閣諸島を所有するよりも、日本政府に所有させて現状維持を図らせた方がましとの考えがあったのかもしれません。

それが、中国政府内の権力闘争の余波で、野田首相は途中ではしごを外された形になり、激しい反日デモに繋がった、と見ることもできなくはありません。

これを習氏が仕組んだとすれば、習氏はかなり好戦的な人物であることが伺えます。

野田政権は、外交交渉の過程で、習氏がどのような人物でどの程度の影響力があるのか想定しておくべきでした。

私たち幸福実現党は、次期主席候補として頭角を現してきた段階で、習氏はかなり覇権的な人物であると見ています。

オスプレイの配備反対運動をはじめとする沖縄の米軍を撤退させたい勢力や、反原発運動の背後に、中国による扇動があると指摘されています。

こうした動きにも、習氏の影があるのかもしれません。

いずれにせよ、日本は、中国が現代においても覇権を拡大する意思を持っていると認識し、その上で、武器を使わない諜報戦が既に始まっているものとして、様々な対応をしなければならないのではないでしょうか。


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Leave a Reply

アーカイブ
最新ツイート
ご連絡先
事務所  事務所

〒663-8003
兵庫県西宮市上大市4-5-9
TEL:080-3259-7912
受付時間:10:00~18:00
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル