幸福実現党
The Libertyweb

2019/06/03【台湾は既に独立した国家】

 中国の国防相は、シンガポールで開かれている安全保障に関する国際会議で、台湾が独立すれば戦うことも辞さないとする考えを改めて示しました。
 

 しかし、台湾は中国共産党政府の統治下には無く、独立を宣言するまでもなく、既に独立した国家と言えます。

 従って、中国の国防相の発言は、他国を脅しているのも同然であり、我が国をはじめ国際社会は看過してはならないはずです。

 本来であれば、国連がこの問題に対し何らかの役割を果たすべきですが、台湾問題に関して国連は全く機能していないという悲しい現実があります。

 

 これに対し、台湾を実質的に支えているのは、事実上、米国のみです。

 特に、トランプ大統領は、台湾を支援する姿勢を鮮明にしており、政権発足後に2度、武器売却に関する大型の契約にサインしていますし、今後も武器売却に前向きです。

 こうしたトランプ大統領の姿勢に、中台の緊張を高めているとして批判する向きもありますが、中台の軍事バランスが大陸側に傾きつつある中では、むしろ台湾の自由・民主・信仰を守っていると言えるものです。

 日本も、戦前戦中に台湾を統治していた国として、台湾を助ける責任があることを自覚するべきではないでしょうか。

 【参考】:大川隆法著『愛は憎しみを超えて 中国を民主化させる日本と台湾の使命』幸福の科学出版https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=2167


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
アーカイブ
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル