幸福実現党
The Libertyweb

2021/01/26【新型コロナウィルスとインフルエンザの死者数について】

 新型コロナウィルスの感染者が国内で初めて確認されてから約1年が経ち、感染による国内の死者数が5千人を超えたとマスコミ各社が報道しています。

 仮に新型コロナウィルスが流行らなかったら、この5千人の方々は亡くならずに済んだ可能性が高いと考えることができますから、こうした報道によって改めて新型コロナウィルスへの恐怖を感じる人も多いと思います。

 一方で、毎シーズンの推定で1千万人が罹患するといわれているインフルエンザは、今シーズンは感染者がほぼ抑え込まれています。

 「新型コロナウィルスの感染対策が功を奏した」、「入国制限で南半球からの流入を防げた」、「ウィルス同士の干渉」など幾つかの理由が考えられますが、ほぼ完ぺきにインフルエンザが抑え込まれた明確な理由は確定していません。

 ただ、毎年のインフルエンザによる死者数は関連死を含めると約1万人(※)とのことですから、今シーズンは大幅に減少しているのは間違いありません。

 ですから、単純には比較できないものの、現時点ではインフルエンザの死者の減少数は、新型コロナウィルスによる死者の増加数を上回っている可能性があります。

 また、乳幼児に限ってみると、インフルエンザの致死率は、新型コロナウィルスよりも何倍も高いとするデータもあります。

 以上のように、事態を冷静に分析してみると、新型コロナウィルスが史上稀にみる悪性のウィルスとまでは言えないことが分かります。

 恐怖心は、医学的にはストレスを高め免疫力の低下を招きますし、霊的にもウィルスと波長が同通し感染を招きやすくします。

 従って、必要な感染対策を施しつつ、新型コロナウィルスへの「未知なる恐怖」を克服することが何よりも大切であると考えます。

 ※:https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/02.html


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
アーカイブ
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル