幸福実現党
The Libertyweb

2020/09/20【首相在任中に参拝しないことを固定化するものであってはならない】

 安倍前首相が靖国神社を参拝されました。

 安倍氏は「総理大臣を退任したことをご英霊にご報告した」としていますが、参拝を評価する声がある一方で、退任直後の参拝に内外から批判の声も上がっています。
 

 国のために殉じた英霊に参拝することは国のリーダーとして当然のことであり、例えA級戦犯が合祀されているからと言って、参拝を行わない理由にはなりません。

 首相が在任中に公式参拝をしなくなった原因は、国内の一部勢力と一部の外国が、首相の靖国神社参拝を政治問題化したからです。
 

 今回の退任直後の参拝は、前首相の心の内を垣間見た気もしますが、首相在任中は参拝できないという流れを固定化するものであってはなりません。

 ですから、菅首相を含め日本の首相には是非参拝して頂きたいと思います。
 

 ただ、その参拝は、霊的人生観を前提とした正しい信仰心を持って行うことが大切です。

 決して、政治的パフォーマンスであってはならないと考えます。


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
アーカイブ
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル