幸福実現党
The Libertyweb

2020/07/06【為政者が神仏を信じていないとこうなる】

 米国の税関で中国のウイグル自治区から発送された大量の毛髪が押収されました。

 ウイグルにある強制収容所に収容されたウイグル人から採られたものである可能性が高いとのことです。
 

 中国政府が職業訓練施設と称している強制収容所を巡っては、収容したウイグル人から毛髪だけでなく臓器が摘出されているとの指摘もあります。

 中国国内では、不自然なほど多くの臓器移植が行われており、ウイグルの強制収容所が臓器の供給源の一つになっているというのです。
 

 また、強制収容所から、中国国内の各地の工場にウイグル人を労働者として送り込む取り組みが行われているとの指摘もあります。

 もちろん、そうしたウイグル人に賃金が支払われることはなく、事実上の強制労働です。

 国際的なサプライチェーンの末端で、中国経済バブルを支える一助となっていると見られています。
 

 こうした中国政府による犯罪行為は氷山の一角に過ぎず、他にも政府による様々な犯罪行為や人権侵害が公然と行われています。
 

 中国の指導者は、なぜこのような極悪非道な行為を平気で行えるのでしょうか。

 
 その理由の一つは、彼らが神仏を信じていないからです。

 神や仏が存在すると信じていれば、これほどの残虐な行為はできるはずがありません。
 

 現在の中国は、「唯物論国家の恐ろしさ」をよく示しているのではないでしょうか。


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
アーカイブ
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル