幸福実現党
The Libertyweb

【批判するのが遅すぎるのでは】

 日本共産党は、大国主義・覇権主義が強まっているとして、中国共産党を批判する内容を綱領に盛り込みました。
 

 この中国批判はもっともなものですが、今更という気がします。

 なぜならば、中国は近年の南シナ海での人工島造成だけではなく、1971年には尖閣諸島の領有権を主張し始めましたし、1949年にはウイグルに、1950年にはチベットに軍事侵攻しており、当初から覇権を目指していたことは明らかだからです。

 また、日本共産党は、中国共産党を批判するのであれば、中国の対外的な問題だけではなく、ウイグルやチベットでの弾圧や香港問題など、中国国内の人権侵害についても批判すべきではないでしょうか。

 また、これまで「中国批判を控えてきた」という点では、日本の他の既成政党も日本共産党と同様に感じます。 

 一方、幸福実現党は2009年の立党当初から中国共産党の不正義を批判してきました。

 中国に対する正論を貫いているのは幸福実現党だけです。

 是非、中国にはこうした批判に耳を傾けて、民主化が進むことを願ってやみません。


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
アーカイブ
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル