幸福実現党
The Libertyweb

2019/10/08【忘れてはならない尖閣諸島での中国船の動き】

 日本海の日本のEEZ内で、日本の漁業取締船と北朝鮮の漁船が衝突し、北朝鮮船が沈没し、乗組員が日本側に救助されるという事件がありました。

 過日も、武装した北朝鮮船が日本船を小銃で威嚇する事案も発生しています。

 
 今回も、警告を受けた北朝鮮船が急に進路を変えて日本船に衝突したとの情報があります。
 

 日本としては、不測の事態に備え万全の態勢を敷いて、毅然とした態度で取り締まりを継続すべきと考えます。

 一方、沖縄県の尖閣諸島周辺では、頻繁に中国の公船が日本の領海を侵犯しています。

 中国の公船による領海侵犯は、半ば常態化しているため、あまりニュースに取り上げられませんが、外国の公船が許可なく領海に侵入することは、異常な事態であると改めて認識すべきです。

 こうした状況下で海上保安庁など日本の海事当局は、中国の公船の領海侵犯に対し、よく状況をコントロールしていると思います。

 しかし、中国にはいつでも領海に侵入できるという既成事実を積み上げる狙いが見て取れます。
 

 中国による既成事実化を阻止するためにも、日本は尖閣諸島周辺でも、領域警備の一段の強化を行うべきと考えます。

 そのために、尖閣諸島の統治について、現状維持ではなく、もっと踏み込んだ具体策を検討すべきではないでしょうか。


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
アーカイブ
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル