幸福実現党
The Libertyweb

2019/09/10【今回注目された「守護霊霊言」とは】

 香港の民主化運動の中心人物の一人が、「香港に自衛隊を送ってほしい」と述べたと誤って伝えられ、一部の大手メディアで取り上げられました。
 

 実際はご本人の「守護霊」がその旨の考え方を述べたものですが、約8900万人のフォロワーを持つ中国国営中央テレビ(CCTV)や、香港の中国本土系メディアなどが、「本人の意見」と誤解をして5日に報道したとのことです。

 今回、「守護霊霊言」に注目が集まりましたが、守護霊という概念は極めてスピリチュアルなものです。

 潜在意識と考えれば理解が早いかもしれませんが、私たちは生活する上で潜在意識がストレートに表面化している訳ではないことは、経験上、理解できると思います。

 ですから、「守護霊の考え=本人の考え」では必ずしもないという前提を踏まえる必要があります。

 ただ、本人の考え方を理解する上では、大いに参考になるものです。
 

 幸福の科学の大川隆法総裁は、既に9百回を超える霊言を降ろしており、その数を見たならば、例え唯物論者であっても一笑に付すわけにはいかないでしょう。
 

 この霊言を、様々な政策を立案する上での情報源の1つとして活用することは、政策の有効性を高める上で大きなアドバンテージになると考えます。


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
アーカイブ
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル