幸福実現党
The Libertyweb

2019/09/05【弱い立場の事業主にもっと配慮を】

 消費増税を前に、軽減税率の導入で複数税率に対応したレジの製造が追いつかず、10月1日に間に合わないお店があるとのことです。
 

 間に合わないお店は、税率8%の商品と10%の商品を別々に会計することになるのかもしれませんが、店の負担は増すことになります。
 

 しかも、複数税率に対応したレジを導入するにあたっても、店側に費用負担が発生します。

 
 政府は、費用の補助制度があるので利用してほしいと言いますが、補助制度には全て補助率が設定されており全額補助されるわけではありませんし、今月中に契約手続きを終える必要があります。
 

 制度を十分に理解していないお店や、財政的に余裕の無いお店は、取り残されてしまうことになります。
 

 政府与党には、こうした弱い立場の事業主にもっと配慮すべきではないでしょうか。

 軽減税率を導入するくらいならば、いっそのこと全ての消費税率を8%に据え置いてほしいものです。


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
アーカイブ
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル