幸福実現党
The Libertyweb

2019/06/29【自分の国は自分で守る】

 トランプ大統領が日米同盟の破棄に言及したとされる件について、G20サミットに合わせて行われた日米首脳会談で、安倍首相はこの話題を持ち出さなかったとのことです。
 

 トランプ大統領は、日米同盟の片務性を問題視して発言したと見られ、実際に同盟を破棄する可能性は低いため、安倍首相が持ち出さなかったことは当然かもしれません。

 ただ、日米同盟は、日本が米国に対し安全保障上の様々な特例を許している上に、先に安保関連法が成立したものの、片務性があることは事実です。
 

 一方で、日米同盟は現在も日本の安全保障の要であるということも事実です。
 

 ですから、日米同盟を如何に強化するかということは今後も考えていく必要がありますが、例えば「日本が攻撃されたら米国は反撃するが、米国が攻撃されても日本は反撃しないのであれば、有事の際、本当に同盟が機能するのか」、「中国が核戦力を強化する中で、米国は核戦争をしてまでも日本を守るのか」など、漠然とした不安は残ったままです。
 

 やはり、日米同盟の強化と共に、自主防衛力を如何に強化するかということも、主権国家として考えなければならないのではないでしょうか。
 

 幸福実現党は、自主防衛力強化の必要性を明確に訴えています。

 国民の生命・安全・財産を守り繁栄を実現するためには、国防を強化する必要があるからです。

 「自分の国は自分で守る」という国家として当たり前のことを目指しているのが幸福実現党です。


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
アーカイブ
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル