Archive for the ‘外交・国防・安全保障’ Category

2017/04/25【北朝鮮難民が押し寄せたらどうするか】

 中国軍は、北朝鮮との国境付近に展開する部隊の警戒レベルを上げると共に、部隊規模も増やしている模様です。
朝鮮半島の緊張が高まっていることを受けての措置と見られ、展開する部隊の人員は10万人との情報もあります(※)。

 こうした部隊は、北朝鮮軍との間の不測の事態に備えると共に、有事の際に大量に流入することが予想される北朝鮮難民に対する備えと考えられます。

 一方、日本政府は、ようやく北朝鮮の弾道ミサイル落下に備えた初歩的な国民の対処法を示したばかりですが、日本海や対馬海峡を経て日本にも大量に押し寄せると見られる朝鮮半島からの難民に対する対応も明確になっていません。

 誰が対応して、どこに収容するのか。
また、厄介なのは北朝鮮の工作員が紛れ込んでいることが考えられることです。

 今から十分に考えておかないと、中東や北アフリカからの難民・移民に窮する欧州の二の舞となります。

 朝鮮半島有事の際に憂慮されるのは、弾道ミサイルなどの北朝鮮による武力行使だけではなく、難民の問題や、邦人の避難、経済への影響、生活への影響など多岐に渡ります。

※:4月24日付読売新聞http://www.yomiuri.co.jp/world/20170424-OYT1T50159.html?from=ytop_main1

2017/04/24【望むべき未来はどういうものであるか】

 幸福の科学の大川隆法総裁の講演会が行われ、朝鮮半島情勢が緊迫する中で、北朝鮮関連でどのような言及があるかにも注目が集まっていました。

 講演で大川総裁は、北朝鮮などを念頭に、「その独裁システムが、大勢の人を殺しても平気な制度になっているのか、言論の自由や、人々が幸福を求める権利はあるのか、人間が動物みたいに扱われないかどうか。こういうものを見ていって、望むべき未来はどういうものであるかということを考えなければいけない」と指摘しました(※)。

 今の日本は、北朝鮮について、「攻撃されないためにはどうするか」、「戦争に巻き込まれないためにはどうするか」という観点で考えることが多いように思います。

 しかし、大川総裁は自国の観点だけではなく、北朝鮮の国民の幸福についても考え、地球的な観点での正義の実現についてもその必要性を説いたのではないでしょうか。
今の世界にこのような地球的な正義を説ける指導者がいったいどれだけいるでしょうか。

 北朝鮮が恫喝外交を続け、その結果として北朝鮮が見返りを得るようであれば、現在の体制が続き、巨大な監獄と揶揄さる北朝鮮国民の苦しみも続くことになります。

 北朝鮮国民を救うためにも、日本は役割を果たさなければならないのではないでしょうか。

※:4月23日付The Liberty Web「大川隆法 時事説法―北朝鮮の核も国を守るための正義か 大川隆法総裁が高知で講演」http://the-liberty.com/article.php?item_id=12917

2017/04/23【危機の中の北朝鮮】

 北朝鮮の核と弾道ミサイルの技術は確実に向上しており、国際社会の懸念が高まっています。
 

 これに対して日本国内では、ようやく一部で朝鮮半島有事や北朝鮮の弾道ミサイルを想定した動きが見られるものの、未だにそうした事態は起こらないと高をくくるような声が聴かれます。
「北朝鮮は核を使用したら最後、米国に徹底的に反撃されて、金王朝は崩壊する。だから、北朝鮮は核開発を脅しに使うだけ」ということのようです。

 しかし、本当にそうでしょうか。
金正恩委員長が率いる北朝鮮の動向を見る限り、常に冷静な判断を期待できるとは思えません。
そして、北朝鮮の指導部に金正恩氏を諭す力があるのでしょうか。

 こうした状況に、私たち日本こそ冷静に対応を考えていかなければなりません。
その参考となる一書として、金正恩の守護霊霊言が発刊されました(※)。
 

 いたずらに危機感を煽って不安を抱かせる気持ちは毛頭ありませんが、それにしても北朝鮮が実際に“動いた”際の我が国の対応が心もとなく感じられます。

※:大川隆法著『危機の中の北朝鮮 金正恩の守護霊霊言』幸福の科学出版http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1850

2017/04/22【北朝鮮への対処法が竜巻や突風と同じでいいのか?】

 政府は、北朝鮮の弾道ミサイルを想定し、都道府県の担当者に対し、ミサイルが落下した際に住民がとるべき行動などについて周知するよう要請しました(※)。
具体的には、「屋外では頑丈な建物や地下街などに避難するか物陰に身を隠す」、「屋内では窓から離れるか窓のない部屋へ移動する」などです。

 しかし、北朝鮮の弾道ミサイルの弾頭には、通常の爆薬の他に、核や生物・化学兵器まで想定されるにもかかわらず、今回政府が示した説明は、要するに竜巻や突風の発生が予想される際に気象庁などが注意を呼びかける内容と同じということになります。

 これでは誰もがたいへん心もとない気持ちになるのではないでしょうか。
明らかに、歴代の政府が対策を怠ってきたということに他なりません。

 ですから、自衛隊のPAC3とイージス艦が弾道ミサイル防衛の頼みの綱と言うことになります。
しかし、PAC3の迎撃範囲は数十キロメートルでしかなく、事実上、重要施設の防衛でしか機能しません。
また、既存のイージス護衛艦6隻のうちで弾道ミサイル迎撃用のSM3を発射できるのは4艦のみであり、1艦当たり理論上は最大90発程度のSM3を搭載できますが、実際は、他の対空ミサイルや対潜ミサイルを混載しなければならないため、SM3の数は制限されます。

 しかも、イージスシステムで同時対処できる弾道ミサイルの数は数発程度とも言われており、無誘導で発射される北朝鮮の弾道ミサイルは、事実上、同時発射できる数に制限がないため、飽和攻撃をされればお手上げです。

 8年前の立党以来、国防の危機を訴えてきた幸福実現党の声に耳を傾けておけば、北朝鮮の弾道ミサイルに対し、ここまで脆弱な状況ではなかったはずです。

※:4月21日付NHKニュースhttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20170421/k10010956691000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_012

2017/04/21【外相が在日米軍基地の使用は事前協議の対象である!?】

 岸田外相は、米国が在日米軍基地を使用して北朝鮮に対し軍事行動を行う場合、日本と事前協議を行う法的義務があるとの認識を示しました(※)。
これは日本の主権を守る上で当然のことです。

 この北朝鮮に対する米軍の軍事行動とは、万一、北朝鮮が韓国を攻撃したとして、米韓同盟に基づいて米軍が韓国を支援・防衛する際に、在日米軍基地を使用する場合も含まれるということを明確にしておくべきです。

 もちろん日本としては、同じ民主主義の価値観を有する韓国を支援し、いわゆる赤化統一などと言う事態は何としてでも避けるべきと考えますが、事前協議の対象である以上、在日米軍基地の使用を認めない事態もあり得るということになります。

 この様な、日本政府が認めないと決断を下す場合は、韓国に対する日本国民の感情が極度に悪化している状況が想定されます。
そして、もう一つは、北朝鮮が日本を攻撃すると脅して国内に厭戦気分が広がった場合が考えられます。

 「北朝鮮の戦争に巻き込まれたくない」という雰囲気が広がれば、政権の判断によって、みすみす韓国を見捨てることにもなりかねません。
しかし、私たち日本は、悪意を持った国から自国を守り、アジアを守るために、リーダー国家とし武力行使も辞さないという気概を持つべきと考えます。

 同時に、韓国自身も、これまでの様に日韓関係を政争の具にするのではなく、日本と如何に関係強化を図っていくかに力を注ぐべき時です。

※:4月20日付NHKニュースhttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20170420/k10010955111000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_010

2017/04/20【緊迫化する朝鮮半島情勢を受けて】

 「原発事故」と「北朝鮮の弾道ミサイルの領土・領海への着弾」、どちらが実際に起こる可能性が高いでしょうか。
現実には比べることは困難かもしれませんが、今の朝鮮半島情勢を見れば、弾道ミサイル着弾の可能性のほうが高いと言われても不思議ではありません。

 安倍政権は、歴代の政権に比べればその危機意識が高いのかもしれませんが、実際に朝鮮半島有事の具体策はほとんど示されないままです。

 例えば、「Jアラート」などにより、「北朝鮮からの弾道ミサイルが着弾する可能性がある」と伝えられたとして、私たち国民は一体どうのように行動すればいいのでしょうか。
急いで近くの建物に逃げ込めばいいのでしょうか。
逃げ込めたとしても、本当にそれだけで身を守れるのでしょうか。

 様々な想定をもとに隣接する自治体で避難計画の策定が進む原発事故とは大きな違いです。
こうした政権の不作為に対し、既成政党たる野党はほとんど危機意識が無いのではないでしょうか。

 今国会でも、他の法案などの審議に比して北朝鮮情勢に対する審議時間はあまりに少ないと言わざるを得ません。

 一方、こうした状況に幸福実現党は、「緊迫化する朝鮮半島情勢を受けて」とする党声明を発表しました(※)。
やはり国防に対する危機意識が高く、具体策を提示して信頼できるのは幸福実現党だけです。

 事が起こってから慌てて対処するのでは遅すぎます。
幸福実現党の声明に耳を傾けるべきではないでしょうか。

※:4月18日付幸福実現党プレスリリース「緊迫化する朝鮮半島情勢を受けて(党声明)」https://info.hr-party.jp/press-release/2017/4371/

2017/04/17【在日米軍と連携して守りを固める】

 北朝鮮がまた弾道ミサイルを発射しました。
今回は、発射直後に爆発して失敗した模様ですが、発射されたのは中距離弾道ミサイルとの分析があります。

 北朝鮮の中距離弾道ミサイルの射程距離は米国本土までは届かず、在日米軍基地やグアム島の米軍基地を標的にしていると言われています。
実際、北朝鮮は、先月に中短距離弾道ミサイル4発を同時発射した際は、国営メディアが在日米軍基地を標的とした演習であったと伝えています。

 このように北朝鮮の弾道ミサイルによる攻撃が現実化する中で、「在日米軍基地があるから日本が攻撃される」といった論調の報道を目にします。
こうした報道の裏には、米軍を日本から撤退させたいという意図を感じます。

 しかしこれは、「無法者が暴れているのはガードマンがいるからだ。ガードマンが居なくなれば自分たちには危害が及ばない」と言っているようなものではないでしょうか。

 実際は逆です。
もしも米軍が日本からいなくなれば、北朝鮮による脅しが一層強まることは確実です。

 その時、日本は独力で戦ってでも国を守るという気概を持てるのでしょうか。
それとも、武力行使を避け脅しに屈する形で隷属する道を選ぶのでしょうか。

 もちろん、選ぶべきは前者でありたいと思いますが、そうなる前に、在日米軍と力を合わせて東アジアの安全を守る姿勢を強固にすべきであると考えます。

2017/04/15【米軍の北朝鮮攻撃が近い!?】

 「MOAB」と呼ばれる米軍の大型爆弾がIS掃討作戦で初めて実戦使用されました。
MOABは、核兵器以外の爆弾の中で史上最も威力があるとされ、地上の広範囲を制圧できるだけでなく、一定深度の地下目標の破壊にも有効とされます。

 北朝鮮は、米国などからの攻撃を考慮して、弾道ミサイルなどを地下に隠していると見られており、今回のMOABの使用が、北朝鮮に対しても牽制となることは間違いありません。
ただ、MOABは制空権下での使用が前提ですので、北朝鮮に対する先制攻撃には適していません。
実際に米軍が地下施設を攻撃するとなると、いわゆる「バンカーバスター」など爆撃機に搭載する地中貫通爆弾が選択肢の一つになります。

 一方、自衛隊が敵地攻撃能力を持つとなると、先にシリア攻撃にも使用された巡航ミサイル「トマホーク」の導入が運用面でもスケジュール面でも有効です。
しかし、トマホークの地下施設攻撃能力は限定的で、先のシリア攻撃でも明らかになったように、厚さ1メートル程度のコンクリート製の掩体を貫通する程度と見られています。

 自衛隊が敵地の弾道ミサイル発射設備を攻撃する場合、移動式の発射台の位置を如何に正確に把握するかがカギになりますし、把握できたとしても地下に隠されている場合、如何に有効な攻撃を実施できるかがカギになります。

 ですから、そうした観点も踏まえて敵地攻撃能力が検討されることになると思われます。

 いずれにしても、通常兵器による敵地攻撃能力は保有すべきと考えますが、敵地にある弾道ミサイル発射設備を全て破壊することは困難です。
従って、究極的には、抑止力としてバランスを保つために日本の核装備を検討しなければならないのではないでしょうか。

2017/04/12【具体的な邦人救出計画を示して】

 北朝鮮が新たな弾道ミサイルの発射や核実験の実施をチラつかせる中で、米軍の空母機動部隊が、急遽、朝鮮半島近海に派遣され、米軍のシリア攻撃の後とあって、緊迫感が今までになく高まっています。

 日本の外務省も、韓国の滞在者や渡航者向けに、朝鮮半島情勢に関する情報に注意するよう求める「スポット情報」を出したところ、ただちに邦人の安全に影響がある状況ではないとしながらも、心配する声が多数寄せられているようです。

 菅官房長官は、「朝鮮半島で在留邦人の保護や退避が必要になった場合を想定し、常日頃から必要な準備、検討を行い、いかなる事態にも対応できるよう万全な態勢を取っている」と述べています(※)。

 しかし、具体的にどのような手順で、韓国から避難するのか明確になっていません。
懸案となっている自衛隊機による韓国からの邦人救出も、韓国政府から良い返事がありません。
従って、結局は米軍に頼ることになるであろうことは容易に想像できます。

 幸福実現党は、予てより、朝鮮半島有事の際の邦人脱出計画を具体化する必要があると訴えてきました。
多くの人が、「朝鮮半島有事なんて現実に起きるの?」などと思っている段階から既に必要性を訴えてきたわけですから、ここでも幸福実現党の先見性が分かります。

 情勢が緊迫してから慌てて計画を練っても、現在の韓国には交渉相手さえいないような状況です。
韓国では、「自衛隊アレルギー」ともいえる感情が根強く、次期政権が誕生したとしても、前政権までの約束が反故にされる可能性もあります。

 そうした中で、どうやって速やかに邦人を救出するのか、早急に具体的な計画を示して、国民を安心させる必要があるのではないでしょうか。

※:4月12日付NHKニュースhttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20170412/k10010945941000.html?utm_int=all_side_ranking-access_001

2017/04/11【日本も速やかに巡航ミサイルの導入を】

 米軍の巡航ミサイルによるシリア攻撃は、北朝鮮にとって衝撃だったことは間違いありません。
北朝鮮の国営メディアは、連日、米国のシリア攻撃を過剰とも言える内容で批判していることからも分かります。

 米国のティラーソン国務長官は、今回のシリア攻撃は、北朝鮮に対する警告の意味合いがあったことを認めています。

 「行動する時は行動する」というトランプ大統領に対して、北朝鮮の拠り所は、今や核兵器開発だけではないでしょうか。
ですから、本来であれば日本も核装備を行い抑止力を高めるべきですが、通常弾頭であったとしても巡航ミサイルのような敵地攻撃能力を日本が持つことは、安全保障上、極めて有効であることがわかります。

 今回、シリアに対し巡航ミサイル攻撃を実施した米海軍の2隻の駆逐艦は、海上自衛隊のイージス艦の基になった型の艦であり、両者はほぼ同等の兵器システムを搭載しています。
決定が下されれば、海上自衛隊のイージス艦は比較的容易に巡航ミサイル「トマホーク」の装備が可能と見られます。

 また、海上自衛隊の潜水艦も、搭載する「HU-600」シリーズの魚雷発射管から「トマホーク」の発射が可能か不明ですが、米国製の対艦ミサイルの発射が可能であることから、比較的容易に対応できるものと思われます。

 航空自衛隊の「F-2」戦闘機や「F-35」ステルス戦闘機に、有効なスタンドオフ兵器を搭載することも考えられますが、いち早く敵地攻撃能力を取得するために、まずは海上自衛隊の既存の艦艇に巡航ミサイルを搭載して、北朝鮮の暴発に備えるべきではないでしょうか。

高木よしあきチャンネル
高木よしあき活動マップ
アーカイブ
最新ツイート
ご連絡先
事務所  事務所

〒663-8003
兵庫県西宮市上大市4-5-9
TEL:080-3259-7912
受付時間:10:00~18:00
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル