幸福実現党
The Libertyweb

2017/06/29【本音が言えない既成の政治家】

 稲田防衛相が、都議選の応援で「自衛隊としてお願いしたい」などと発言し、自衛隊法などに抵触するとして批判にさらされています。
防衛相として軽率な発言であったことは間違いありませんが、思わず本音が出たということだと思います。

 ただ、幸福の科学の大川隆法総裁の霊査による稲田氏の守護霊がどのような霊人か(※)ということを踏まえれば、「このくらいのことは言うだろうな」という気がします。

 稲田氏は、入閣以前は自虐史観を廃す発言で保守層の人気を集めていましたが、防衛相就任でその影を潜め、今回の問題発言で一層本音を語らなくなるのではないでしょうか。

 人は立場によって言うことが変わることがよくあるものですが、政治家が本音を語らなくなっていちばん不幸なのは国民です。
「あの政治家は口ではこう言っているが本音は違う」ということになれば、どうして政治家を信用できるのでしょうか。

 これに対し、幸福実現党の政治家は常に本音を語っています。
既成政党の政治家は、「批判されるからこれは言わない」、「これを言うと票が入らないから言わない」ということを最初に考えるのかもしれませんが、幸福実現党は、「国民のためにはどうすればいいか」、「日本や世界のためにどうすればいいか」ということを最初に考えます。

 幸福実現党のように、場合によっては、国民にとって耳の痛いことであっても、必要ならばあえて言う政治家こそ信用ができるのではないでしょうか。

※:大川隆法著『「戦えない国」をどう守るのか 稲田朋美防衛大臣の守護霊霊言』幸福の科学出版http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1856


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

アーカイブ
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル