幸福実現党
The Libertyweb

2014/03/04【“従軍慰安婦”以上に日本を貶める言葉】

日本政府が河野談話の作成過程を検証することを決めたことに関し、海外マスコミを見ていて気になったことがあります。

それは、慰安婦について「sex slave」という表現が用いられていることが多々あるということです。

慰安婦については、一般的に「comfort women」という言葉がそれに当たりますが、「sex slave」であれば、「性奴隷」ということになります。

「comfort women」には、「war」や「military」という単語が付随していなくても、「従軍慰安婦」という意味があるようですが、「sex slave」は強制性をより強く感じさせるため慰安婦とは意味合いが異なってきます。

「sex slave」は韓国側が好んで使用している単語であり、日本を貶めるための明らかなプロパガンダです。

この表現によって、女性の人権を重視する海外の政治家やマスコミも敏感に反応し、韓国側の主張に同情する傾向を示す一因となっているのではないでしょうか。

私を含め日本人は、英語に強くないのでこうしたプロパガンダは見過ごしがちですが、こうした点も含めてきちんと反論しなければ、従軍慰安婦どころか性奴隷が歴史的事実になってしまいます。

日本や欧米などでは、性的な事柄について公の場で表立った議論はしてはいけないという暗黙のマナーのようなものが存在しますが、韓国による世界各国でのあからさまな従軍慰安婦プロパガンダには、そうしたマナーは通用しないようです。


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Leave a Reply

高木よしあきチャンネル
高木よしあき活動マップ
アーカイブ
最新ツイート
ご連絡先
事務所  事務所

〒663-8003
兵庫県西宮市上大市4-5-9
TEL:080-3259-7912
受付時間:10:00~18:00
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル