幸福実現党
The Libertyweb

2013/10/14【中国が警戒する幸福実現党の言論】

中国の駐米大使が講演で、歴史認識に対する日本の姿勢を批判した旨を、以前このブログで触れましたが、その講演の中で同大使は、「日本の一部政治家は、第2次世界大戦で負けたのは原爆のせいだと信じているが、それは間違いだ」とも語ったそうです(※1)。

しかし、現在の日本の有力な国会議員の中で、「日本の敗戦が原爆のせいだ」と主張している人はいるでしょうか。

私には思い浮かべることができません。

中国側がここまでして、日米に対して釘を刺そうとしたのはなぜでしょうか。

一つ思い当たることがあります。

それは、8月に発表され大きな反響のあった「大川談話」(※2)です。

大川談話の中に、「政府として今一歩力及ばず、原爆を使用したアメリカ合衆国に敗れはしたものの」という一文があります。

日本の敗戦にはさまざまな原因がありますが、原爆の投下が、日本の敗戦を決定づけたことは間違いありません。

多くのしがらみの中で正論を堂々と述べることができない既存の政治家に対し、幸福実現党の大川隆法総裁は、毅然とした姿勢で正論を述べ続けています。

大川総裁はまさに日本の国師とも言える存在です。

今回の中国の駐米大使の発言は、大川総裁をはじめ幸福実現党の言論が、着実に世の中に影響を与えていることを示しています。

安倍首相は、終戦記念日の靖国神社参拝を見送りましたが、秋の例大祭も見送る公算が大きいと伝えられています。

しかし、安倍首相は、外国にとやかく言われようとも参拝すべきです。

安倍首相は、大川総裁を見習って、歴史問題など日本の尊厳にかかわることは、毅然とした態度で正論を貫いて頂きたいと考えます。

※1:10月9日付産経新聞http://sankei.jp.msn.com/world/news/131009/chn13100912430003-n1.htm

※2:「大川談話―私案―」http://special.hr-party.jp/policy2013/okawa-danwa/


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Leave a Reply

アーカイブ
最新ツイート
ご連絡先
事務所  事務所

〒663-8003
兵庫県西宮市上大市4-5-9
TEL:080-3259-7912
受付時間:10:00~18:00
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル