幸福実現党
The Libertyweb

2013/05/23【日本は台湾とフィリピンの仲裁を】

台湾とフィリピンの間で、近年になく緊張が高まっています

発端は、5月10日、両国がともに排他的経済水域と主張している海域で、フィリピン沿岸警備隊が台湾漁船を銃撃し、台湾人船員1人が死亡したことです。

両国間で妥協点を探る動きもあるものの、台湾側はフィリピン側の対応に満足しておらず、台湾軍がフィリピン近海で軍事演習を行うなど、対抗措置を講じています。

台湾は、予てから中国による侵略の脅威にさらされていますし、フィリピンも南沙諸島の領有権を中国と争っており、21日にも中国海軍の艦船などとともに漁船約30隻が、フィリピンが実効支配している海域に留まっているとのことです(※)。

両国とも、中国との経済的な結びつきが強まっており、一国で中国と向き合うには手詰まり感があります。

従って、本来は対中国で連携を組むべき両国が対立していては、中国政府が喜ぶだけです。

そこで、両国ともに親日的な国であるので、日本が両国の間を取り持つことを考えてみてはどうでしょうか

両国とも、対中国では日本に期待しています。

東アジアの自由と繁栄を守るためには、日本が外交的にも国防的にもより強い国になる必要があります。

その上で、日本が主導して対中国で包囲網を築くべきと考えます。

※:5月22日産経新聞http://sankei.jp.msn.com/world/news/130522/asi13052208180003-n1.htm


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Leave a Reply

高木よしあきチャンネル
高木よしあき活動マップ
アーカイブ
最新ツイート
ご連絡先
事務所  事務所

〒663-8003
兵庫県西宮市上大市4-5-9
TEL:080-3259-7912
受付時間:10:00~18:00
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル