幸福実現党
The Libertyweb

2011/07/28 【自虐史観の左翼教科書はいらない!育鵬社教科書採択、続々!】

【神奈川県藤沢市が育鵬社教科書採択 都立一貫10校も】2011/07/28 産経より

神奈川県藤沢市教育委員会は28日、市立中学校19校で来春から使われる歴史と公民について「日本教育再生機構」のメンバーらが執筆した育鵬社の教科書を採択した。来年度から4年間使用する。市町村立中学の育鵬社教科書の採択は、栃木県大田原市、大阪府東大阪市に続いて3番目。

この日の採択審議は公開で行われた。審議では5人の教育委員のうち、3人の委員から育鵬社に「伝統文化に関する記述が優れている」「人物の取り上げ方が充実している」などと賛成意見が出された。1人が反対意見を述べたものの、決定を尊重する旨の発言があり、最終的に合議で育鵬社に決まった。

会場には育鵬社の採択に反対する人が詰めかけ、決定の瞬間、野次やどよめきが起きたが、滞りなく終了した。

一方、東京都教育委員会も同日、都立中高一貫校10校の中学課程の歴史と公民で育鵬社の教科書を採択。さらに、都内に47校ある特別支援学校の中学部のうち20校(聴覚障害、肢体不自由・病弱)の歴史で育鵬社を、公民で「新しい歴史教科書をつくる会」のメンバーらが執筆した自由社の教科書を採択した。自由社教科書の採択は今年度初めて。

【「つくる会」系教科書を採択=中高一貫、特別支援学校で—都教委】2011/07/28時事通信より

東京都教育委員会は28日、都立中高一貫校10校の中学課程で用いる歴史と公民、および視覚障害と知的障害を除く特別支援学校中学部(聴覚障害、肢体不自由・病弱)20校で使用する歴史で、「新しい歴史教科書をつくる会」の元メンバーらが執筆した育鵬社の教科書を採択した。また同特別支援学校中学部の公民は、同会のメンバーらが執筆した自由社の教科書に決定した。2012年度から4年間使用する。

中高一貫校の中学校と特別支援学校中学部はこれまで、歴史と公民で「つくる会」のメンバーらが執筆した扶桑社の教科書を使用。育鵬社は扶桑社の子会社で、つくる会を脱退したメンバーらが執筆している。

【東大阪市、育鵬社の教科書採択】2011/07/27産経より
大阪府東大阪市教委は7月26日、来春から市立中26校で使用する公民教科書として教科書改善の会のメンバーが執筆した育鵬社の教科書を採択した。

育鵬社は2002(平成14)年度から発行されている扶桑社の教科書を継承。扶桑社教科書を含めて大阪府の公立中で採択されるのは初めて。来年度、約4400人の生徒が学ぶ。

これまでに栃木県大田原市が育鵬社の歴史と公民を採択。岡山市の私立岡山学芸館清秀中が歴史と公民を採択したこともこの日分かった。

教科書改善の会の屋山太郎代表世話人は「改正教育基本法と学習指導要領の趣旨に最も沿った教科書という認識が広がってきた。関係者の皆さまに感謝します」と語った。


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
アーカイブ
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル