幸福実現党
The Libertyweb

2010/12/30 【2011年の最大の政治課題は?――東洋経済1000人意識調査】

【2011年の最大の政治課題は?――東洋経済1000人意識調査】(10/12/27  東洋経済より)

小沢元代表との会談が決裂、たちあがれ日本との連立についても拒否された。菅内閣は来年、大変厳しい国会運営を迫られることは必至だ。その菅内閣が舵を取る日本だが、2011年の政治課題について聞いた。 

2011年はどんな政治課題が最大のテーマ(争点)になるべきかを尋ねたところ、「景気・経済成長」「外交・安全保障」が上位となった。「消費税の税率引き上げ」が2%台となったのは意外な気もするが、まずは景気優先ということか。

1位…景気・経済成長 35.2%

2位…外交・安全保障 22.5%

3位…年金、医療、介護などの社会保障 11.0%

4位…民主党政権への信頼性 9.4%

5位…雇用や働き方 9.0%

6位…子育て・教育 3.6%

7位…消費税の税率引き上げ 2.9%

8位…政治とカネをめぐること 2.1%

以上、注目すべきは、従来、選挙の争点に上らなかった「外交・安全保障」が2位に入っていることです。

 2010年は、尖閣諸島事件、普天間基地問題、北朝鮮の砲撃事件、民主党の弱腰外交等、外交・安全保障問題が大きく取りざたされました。

 民主党の外交政策に対して不安を感じている人は実に88.7%。不安を感じていない6%を圧倒的に上回る結果になっています。

 若者より高齢者、女性より男性、北海道や九州・沖縄で不安を感じている割合が高くなっています。


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
アーカイブ
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル