幸福実現党
The Libertyweb

2010/12/06 暫定税率を廃止しないまま、環境税の導入は来年度は増税ラッシュ!?

民主党が昨年衆院選のマニフェストに暫定税率の廃止(ガソリン税1リットル当たり約25円を上乗せしている)を掲げて政権交代の一要因としたことは、記憶に新しいですが、暫定税率は未だ廃止はされていません。

しかし、更にこの度、政府税制調査会の方針として、環境税を来年度に創設する方向だと報じられています。。

ガソリン税1リットル当たり約25円を上乗せしている旧暫定税率の廃止も、民主党の衆院選マニフェストに掲げていたが、22年度に続いて廃止を見送る予定であることも報じられています。

減税を期待して民主党を応援した民意は、増税という仕打ちで返されました。
暫定税率を廃止しない理由として、税調幹部はこう語っています。「財政状況が厳しく手をつけられない。」

それは自民党でも言えたことです。

「経済成長なくして、増税なし」。与党の一番の問題は、経済成長に向けてのビジョンを示すこと。そして、問題が生じてから対応する「泥縄体質」を改めるためにも、今一度民意を問う勇気ではないでしょうか。


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
アーカイブ
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル