幸福実現党
The Libertyweb
8月
2

2016/08/02【世界の原発が中国に牛耳られたら】

 英国のメイ新首相は、英国内で建設予定の原発に中国企業が参加することを見直す考えを示したとのことです(※)。
 

 福島第一原発の事故以降、ドイツなど一部の国は脱原発に舵を切りましたが、英国では約20年ぶりに新たな原発を建設する計画が進んでいます。
産油国である英国であっても、経済性のみならずエネルギー安全保障の観点からも、原発を維持している訳ですが、その原発の建設に中国企業が出資する計画となっていました。

 一党独裁国家である中国は、世界秩序に挑戦するかのような姿勢を露わにしていますが、その中国が自国の安全保障の一角に関与するということは、国防上重大な懸念を抱えることになるので、今回のメイ首相の判断は当然と言えるものです。

 今回の英国の例をあげるまでもなく、福島第一原発の事故以降も、世界では原発を必要としている国がたくさんあります。

 しかし、旧西側先進国の中で原発を建設できる企業は限られており、代わりに中国をはじめ韓国やロシアの企業が台頭してきています。

 こうした中で、世界最先端の原発技術を誇った日本が、原発から撤退してしまえば、原発を必要としている多くの国がますます中国などに頼らざるを得ない状況になってしまいます。

 エネルギー安全保障の観点ももちろんですが、福島第一原発の事故を経験した日本であるからこそ、世界一安全な原発を開発して世界に提供する責務があるのではないでしょうか。
ですから、世界に貢献するためにも日本は原発を捨ててはなりません。

※:8月1日付産経新聞http://www.sankei.com/world/news/160801/wor1608010024-n1.html

8月
1

2016/08/01【東京都知事選の結果について】

 東京都知事選は、小池百合子氏が当選することになりました。

 幸福実現党の七海ひろこ氏は、残念ながら当選できませんでしたが、かつてないほどの支持の広がりを実感するとともに、マスコミ各社の幸福実現党に対する報道姿勢の変化(※)など、幸福実現党にとって明るい兆しが随所に見られた選挙戦だったのではないでしょうか。
 

 今回、主要3候補と言われる内の一人が当選することになりましたが、その内の他の2氏を顧みてみます。
まず、増田氏は岩手県知事だった行政手腕をかわれていたようですが、岩手県とは人口も経済規模も大きく異なる東京都のかじ取りを任せるには大いに不安でした。
また、鳥越氏は、左翼系候補であると共に、健康面に不安を抱えた76歳と言う年齢であり、そもそも今後4年間の激務に耐え得るのか疑問でした。

 これに対し小池氏は、長らく国政に身を置きながら目立った成果に乏しく、既存の政治家の象徴とも言える存在で目新しさはありませんでした。
しかし、前述の他の2氏に比べれば消去法でベターな選挙結果だったのかもしれません。

 いずれにせよ、小池氏の評価は実際の都政を見て判断することになります。
よもや、また任期途中で交代することになり、だったら舛添氏が知事を続けていたほうが良かったのではないかと言われないことを願いたいと思います。

※:7月31日付産経新聞http://www.sankei.com/politics/news/160731/plt1607310026-n1.html

7月
31

2016/07/31【東京に繁栄をもたらす候補は誰か】

 7月31日は都知事選の投票日です。
一地方自治体の首長を決める選挙であっても、首都東京のトップだけに、日本全体に与える影響が大きく、東京都民でなくても大変注目しています。

 誰に投票するのかは、「支持政党が推す候補者だから」とか、「有名人だから」とか、有権者が様々な理由で決めると思います。
この際は、やはり掲げている公約で判断することも大切です。

 マスコミが頻繁に取り上げている3人の候補者以外にも、見るべき政策を掲げている候補者が大勢おり、個々の政策ではたいへん興味深いものもあります。

 特に、将来の繁栄を予感させるのが、幸福実現党の七海ひろこ候補です。
規制緩和や減税、交通インフラの24時間利用の推進、治安対策の強化など、人々が自由な発想で安心して力を発揮できるようにする公約は、まさに「Tokyoパワー全開」です。

 政治と金にまつわる問題で2代続けて知事が任期途中で辞任したこともあり、無駄を省くことも政治の大切な役割ですが、あまりに「ケチケチ運動」が広がってしまえば、日本全体の経済が委縮してしまう可能性があります。

 富を分配するだけが政治の役割ではありません。
どうやったら人々が富を創出できるのかを手助けするのが政治の役割でもあるはずです。
富を創出できる希望を最ももたらしてくれるのが七海候補ではないでしょうか。

【参考】七海ひろこ公式ホームページhttp://nanami-hiroko.net/

7月
29

2016/07/30【少しずつ増えている!?主要3候補以外の候補者の報道】

 東京都知事選のマスコミ報道では、「主要3候補」と言う言葉が半ば公然と使われています。
東京都知事選には21人が立候補していますが、マスコミの見立てでは、「主要3候補」と呼ばれる候補者以外から当選者は出ないので、他の18人は報道する価値が無いと判断しているとも取れます。

 つまり、有権者からすれば、事実上、「主要3候補」以外の候補者はいないも同然と言うことです。

 投票日を迎えていない段階で、マスコミの判断で候補者が絞られるというのは、選挙制民主主義の根幹に関わる問題です。

 こうした中で、幸福実現党の七海ひろこ候補をはじめ、マック赤坂候補、山口敏夫候補、上杉隆候補、中川暢三候補、立花孝志候補の有志6人が、民放のテレビ4局と放送倫理番組向上機構に、報道姿勢を改めるよう求める連名の要求書・請求書を送りました(※1)。

 こうした甲斐があってか、テレビ朝日やフジテレビなど、他の18人の主張や選挙運動を取り上げるようになりました。
今までは、「主要3候補」を取り上げた中で、「この他にもご覧の方々が立候補しています」などと候補者名のみが表示されるだけだったので、一歩前進したと言えます。
29日には、産経新聞が七海候補をWeb版の一面で取り上げるまでになっています(※2)。

 七海候補は、公約の確かさもさることながら、その若さや容姿からネットなどで話題になっていましたが、今までは取り上げるマスコミが少ないため、七海候補の公式ホームページなどから情報を入手するしかありませんでした。

 今回、このように報道するマスコミが増えているということは、公正な選挙に資すると同時に、何よりも有権者の関心に応えることになるのではないでしょうか。

※1:7月27日付The Liberty Web  http://the-liberty.com/article.php?item_id=11717
※2:同29日付産経新聞http://www.sankei.com/politics/news/160729/plt1607290044-n1.html

7月
28

2016/07/29【米二大政党初の女性候補】

 米民主党の党大会で、ヒラリー・クリントン氏が正式に大統領候補となることを受諾しました。
 

 これで米大統領選の本選は、共和党トランプ氏と民主党クリントン氏の争いとなることが決まりました。
過激な発言で異端視されるトランプ氏に対して、クリントン氏が無難な選択と見る向きもありますが、既存の政治の代表と見なされるクリントン氏は、私用メール問題によりイメージが更に悪化し、事前の調査では両者の支持率は拮抗しています。

 日本国内では、「トランプ大統領」を憂慮する声も聞かれますが、なんだかんだ言っても日本にとっては、やはり保守である共和党の大統領が望ましいと言えます。

 オバマ政権も、その前の民主党政権であったビル・クリントン政権も、中国の民主化を促すどころか、一党独裁国家中国の台頭を許してしまいました。
トランプ氏が大統領になれば、日本の対応如何によっては、中国よりも日本との関係を重視するでしょうが、クリントン氏が大統領になれば、日本の対応如何に関わらず、歴代の民主党政権と同様に中国との関係を重視することが予想されます。

 クリントン氏は、米二大政党初の正式な女性大統領候補として注目されていますが、日本の行く末を左右しかねない存在になるかもしれません。
米大統領選から目が離せません。

 翻って日本では、都知事選の真最中であり、21人もの候補者が立候補していますが、女性候補者は僅かに3名だけです。
その3名とは、七海ひろこ氏、小池ゆりこ氏、武井直子氏です。

 小池氏は有能な政治家だと思いますが、クリントン氏と同様に既存の政治の代表であるとも言え新しさがありません。

 一方、幸福実現党の七海氏は、候補者最年少の31歳であり、才能に恵まれていると同時に高い伸びしろがあります。
都知事としての七海氏の手腕に期待したいと思います。

【参考】:七海ひろこ公式ホームページhttp://nanami-hiroko.net/

7月
28

2016/07/28【繁栄の女神が語るTOKYO 2020】

 安倍首相は、28兆円(財政措置で13兆円)規模の新たな経済対策を実施すると発表しました。
具体的内容は、リニア新幹線の8年前倒し、農業や観光分野への投資、低所得者に対する現金給付などを見込んでおり、安倍首相曰く「未来への投資」なのだそうです(※1)。

 国債発行残高が1千兆円を超える中で、またも大規模な財政出動かと心配になりますが、本当に将来に富を生み出す投資であれば踏み切るべきです。
しかし、安倍首相が打ち出した内容を見るといつものように単なる掛け声やバラマキに終わらないか、厳しくチェックすべきではないでしょうか。

 リニア新幹線に関しては、本来であれば、政治主導により2020年の東京オリンピックに間に合うように東京―大阪間を開業することを目指すべきだったと考えます。
現在の計画では2027年に東京―名古屋間の開業、2045年に東京―大阪間の開業であり、開業は早いに越したことはありませんが、8年の開業前倒しと、オリンピックとの相乗効果とでは、その経済効果の差には大きなものがあります。

 また、農業や観光分野への投資についても、現行の規制をそのままにして、お金だけを投入しても効果が上がりません。
この分野で最大の経済効果を上げたいのであれば、投資だけではなく大幅な規制緩和の実施をすべきだからです。

 
 低所得者に対する現金給付は、本当に必要としている人に対しては恒常的な措置を検討するべきですが、単に支持を得たいがために一時的なバラマキを行うのであれば、過去の現金給付政策の失敗の轍を踏むことにもなりかねません。

 次第に明らかになってきましたが、安倍政権の経済政策は、従来からの自民党の政策の延長にすぎません。
本当に「未来への投資」を願うならば、幸福実現党の掲げてきた政策を実施すべきだと考えます。

 31日に投開票される都知事選に幸福実現党から七海ひろこ氏が立候補していますが、七海氏が掲げる政策は首都東京から日本全体を繁栄に導くものです。
「繁栄の女神」が掲げる政策に耳を傾けて頂きたいと思います(※2)。

※1:7月27日付読売新聞http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160727-OYT1T50078.html?from=ytop_ylist
※2:大川隆法著『繁栄の女神が語るTOKYO 2020 七海ひろこ守護霊メッセージ』幸福の科学出版http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1707&utm_source=IRHweb&utm_medium=TOPbanner

7月
26

2016/07/27【凄惨な殺傷事件を無くすには】

 神奈川県内の障害者施設で、男が侵入して入所者を刃物で刺すなどして、19人が死亡し、26人がけがをするという凄惨な事件が起きました。
 

 警察署に出頭し逮捕された男は、「意思の疎通ができない人たちを刃物で刺した」などと供述しており、知的障害などを持つ人に対する強い殺意を持っていることが伺えます。
また、その男は、事件のあった施設の元職員で、入所者の人権を否定するような言動から、施設を辞めたとの報道もあります。

 知的障害者など意思の疎通ができない人であっても同じ人間であり人権は尊重されなければならないし、知的障害者という弱い立場の人を一方的に害する行為は許されるものではないとの声が聞かれます。

 全くその通りだと思いますが、障害を持った人に対しては、もっと深い理解が必要だと考えます。
その深い理解とは、霊的な視点を踏まえるということです。
人間は、肉体と魂(霊)から成っており、知的障害者は、固有の人生修行の為に、肉体である脳の働きに障害があるものの、本来の魂そのものに障害はないという事実です。

 例えば、「人間は、唯物的な存在であり知的障害者はあくまでも意思疎通ができない存在」として接するというのと、反対に「肉体には障害があるものの魂は健全であり魂の部分では全ての状況を理解できている存在」として接するのでは、障害者ご本人の反応も、周囲でサポートする人間の対応も変わってくると聞きます。

 今回の事件の真相解明はこれからですが、こうした霊的な人生観が浸透していれば、防げた可能性があるのではないかと、残念でなりません。

 人権は尊重されなければならないという考え方の源泉には、「人間は神の子である」と言う宗教的な真理があります。
特定の宗教に限定する必要はないと考えますが、霊的な人生観に立った道徳教育が急務な時代となっていると確信するものです。

7月
26

2016/07/26【日本はアジアのリーダー国家を目指せ】

 ASEANの外相会議が終了し、加盟10カ国による共同声明を発表しましたが、その内容は中国に強く配慮したものとなりました。
 

 具体的には、中国による南シナ海の管轄権の主張を国際法上根拠がないと認めた先の国際仲裁裁判に触れませんでしたし、中国が進める南シナ海での人工島の軍事化にも触れませんでした。
 

 中国との関係が深く中国寄りの立場を取るラオスやミャンマーなどが、南シナ海問題で中国と対立するフィリピンやベトナムなどの主張を押し切ったものとみられます。
 

 領土・領海を切り取られようとしているフィリピンやベトナムにとって、中国による海洋進出は深刻な問題ですが、これらの国々は一国では軍事面でも経済面でも中国と対峙することが困難です。
そこで、ASEANの枠組みで一致して中国に対峙することが欠かせませんが、ASEAN内で中国に絡め取られたかのような国が存在する以上、ASEANは対中国で機能不全に陥っていると言っていいのかもしれません。

 であるならば、日本はこの地域のリーダー国家として積極的に関与することを考えるべきではないでしょうか。
問題は当事国同士で解決すべきとの中国の主張に屈しているようでは、「正義」を実現できません。

7月
25

2016/07/25【ポケモンGO人気の陰で】

 『ポケモンGO』というスマホ用のゲームアプリが世界中で人気となっています。
ポケモンGOは単なるゲームという枠に留まらず、インターネットとGPS機能を利用して屋外などあちらこちらを移動してゲームを楽しむ特性上、実際の店舗などと提携することで集客に繋げることができるので、新たなビジネスモデルとしても注目を集めています。

 一方で、世界中で多くの利用者がこのアプリをダウンロードすることから、中露などでは安全保障上の懸念がささやかれています(※)。
ロシアではポケモンGOで撮影された映像が米国によって収集されスパイ活動に利用されるとか、中国ではポケモンGOは日米が軍事目的で作成したものだとの声が上がっているようです。

 まさか、ポケモンGOがこうした利用目的で配信されている訳はないと思いますが、公衆のためのインフラとして不可欠なインターネットが、国家による情報収集やサイバー攻撃など軍事目的で利用されていることは周知の事実です。

 米国の国家安全保障局が個人情報を収集しているとされたスノーデン事件は記憶に新しいですし、中国やロシアからとされるサイバー攻撃も頻発しています。

 特に、インターネットの基幹をなすネットワーク装置は、中国製のものが世界中で利用されています。
情報流出の懸念から、中国の通信機器会社華為技術(ファーウェイ)の製品は米国政府関連の設備から締め出されるなどしていますが、日本では情報端末を含め利用が広がっています。

 エンドユーザからすれば、ネットワークの何処で、どの国の企業が製造した装置が利用されているかなど知る由もないので、一度インターネットを介した情報は、基本的に第三者に見られているという認識を持った方がいいかもしれません。

※:7月22日付産経新聞http://www.sankei.com/world/news/160722/wor1607220014-n1.html

7月
23

2016/07/24【政策本位で候補者の報道を】

 「ニコニコ生放送」で自由報道協会主催の東京都知事選挙各候補者による共同記者会見が生中継され、幸福実現党の七海ひろこ候補も出演しました(※1)。
 

 都知事選には21人が立候補していますが、いわゆる「主要3候補」以外の候補者がマスコミに取り上げられるのは稀であるので、有権者にとってこうした機会は貴重です。
 

 21人の中には、売名など都政とは直接関係のない目的のために立候補したと思しき人物もいますが、大手マスコミの姿勢からは、主要3候補以外は存在しないと同じであり、主要3候補への投票を促しているようにしか思えません。
これで本当に民主主義と言えるのでしょうか。

 しかし、本来であれば、誰に投票するかは公約や人物を見て判断すべきものです。
七海候補が掲げる公約(※2)は主要3候補の公約以上に見るべき内容があると思いますし、七海候補自身は先の参院選で全国を飛び回り幸福実現党の候補者の応援演説をこなすほどの才女です。

 にもかかわらず、幸福実現党は宗教団体である幸福の科学を支持母体としているため、情報が少ない中では、幸福実現党の候補者は色眼鏡で見られがちです。

 マスコミは、政策本位で候補者を報道し、有権者の疑問に答えて頂きたいと思います。

※1:http://live.nicovideo.jp/watch/lv270430663
※2:幸福実現党七海ひろこ公式ホームページhttp://nanami-hiroko.net/


ご挨拶

愛するこの国のために

私は、この日本を、この兵庫県を愛しています。
現在、日本が抱える深刻な経済不況、国防の危機、教育の没落には目に余るものがあります。「この国の繁栄と安全、子供たちの未来を守りたい」その一心で、政治家を志しました。「幸福実現党」には、保守政党としての政策と、未来をつくる「チャレンジ精神」があります。皆様のご支援を心からお願い申し上げます。
高木よしあき

続きを読む

高木よしあきチャンネル
高木よしあき活動マップ
アーカイブ
最新ツイート
ご連絡先
事務所  事務所

〒663-8003
兵庫県西宮市上大市4-5-9
TEL:080-3259-7912
受付時間:10:00~18:00
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル