子供の頃、「憲法9条があるから日本は平和なんだ」と学校で教わった記憶があります。

 しかし、現代史を勉強すると、自衛隊や日米安保が抑止力として機能している現実を知りました。
 

 仮に、自衛隊や日米安保が無い状態で日本の平和が維持できたのであれば「9条のおかげ」といえますが、現実はその反対です。

 日本の周辺に覇権主義国家が存在している以上、9条だけで平和を維持できません。
 

 実際、冷戦時代にソ連が日本をどのように占領するかといった計画があったと聞きますし、今でも中国は軍の高官や党の機関紙が日本侵略の正当性を主張していることからも分かる通り、日本を勢力下に治める長期戦略を持っているとされます。

 ですから、今のところ、何とか自衛隊と日米安保が機能しているものの、一党独裁の専制国家である中国など、周辺国の動向を踏まえれば、日本の国防強化は不可欠です。
 

 むしろ、9条が足かせとなり、日本の国防強化を阻んでいる状況です。

 それもそのはずです。

 9条は、戦後、連合国側が日本の再武装を拒むために、極めて短期間で作り上げたものだからです。

 
 それにもかかわらず、多くの政党が現実に目をつむり、中国に野心は無いと誤解して、国防を軽視し、憲法9条の維持を主張しています。

 国防強化を主張する自民党でさえ、防衛費は微増にすぎない上に、現行9条を維持したまま、条項の追加で収めようとしています。

 この無防備さが、かえって侵略を呼び込みます。

 
 また、防衛することなく侵略を許せば、ウイグルやチベット、それに北朝鮮の人々のような「奴隷の平和」が待っています。

 そうした中で、憲法改正と国防強化を訴えている政党が幸福実現党です。

 国防強化を訴えているのは、軍国主義などからではなく、真に平和を求めているからです。

 ゆるぎない国防力があって初めて、年金、経済、消費税、脱原発、無償化、などの議論が成り立ちます。

 将来、「あの時に国防強化を怠らなかったら」と後悔することが無いように、正論を主張する幸福実現党の躍進に期待したいと思います。


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ