米海軍の駆逐艦など2隻が台湾海峡を航行しました。

 台湾への圧力強化を図る中国に対する牽制と見られ、米海軍艦艇の台湾海峡航行は5ヶ月連続となります。
 

 事実上の一党独裁国家である中国は真の民主主義国家とは言えませんが、台湾はれっきとした民主主義国家です。

 ですから、台湾という国が有している「自由・民主・信仰」といった大切な価値観を守るために、日本は台湾を支援すべきと考えます。

 そう考えると、経済的な締め付けだけでなく、軍事的な圧力も強める中国に対しては、抗議の意思を示すために、海上自衛隊の艦艇も米軍と同様に台湾海峡を航行するのも日本が取るべき選択肢の1つではないでしょうか。

 しかも、近年、中国軍の艦艇は、日本の対馬海峡や津軽海峡、宮古海峡などを通過するようになっています。

 中国側は、国際法に則り航行しているとしているので、日本の護衛艦も台湾海峡を航行することは、国際法上は全く問題になる行為ではありませんし、相互主義の観点からも同等の行為とみなされて当然です。
 

 台湾の蔡英文総統も、先月、日本との関係強化を訴えています。

 こうした蔡総統の期待に応える政党は、今の日本にはありません。

 
 唯一、幸福実現党が、政策として台湾との関係強化を訴えています。

 助けを求めている相手に対し、手を差し伸べることができる国こそ、真のリーダー国家といえるのではないでしょうか。


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ