幸福実現党
The Libertyweb
4月
30

2017/04/30【まだまだ足りない日本のミサイル防衛】

 政府は、北朝鮮の弾道ミサイルに対処するために、現在のイージス艦の「SM3」と地上配備の「PAC3」に加えて、新たに「イージス・アショア」を導入する方向で検討に入った模様です(※)。

 イージス・アショアとは、SM3を発射するイージス艦のイージスシステムを地上配備型としたもので、同じ地上配備の「THAAD」に比べると射程距離が長いといった特徴があります。
政府としては、イージス艦と共通性が高く運用面で有利であり、また、迎撃範囲が広いため少ない数で日本列島をカバーでき総合的なコストが低く抑えられるなどと言った点から、イージス・アショアを優先的に検討することに至ったものと思われます。

 現在の弾道ミサイル迎撃体制は、SM3とPAC3の2段構えとの建前ですが、PAC3は全国をカバーするにはあまりにも配備数が少なく、事実上はイージス艦のSM3に頼らざるを得ない状況であり、イージス・アショアの導入はミサイル防衛を強化するものとなります。

 ただ、イージスシステムは、一つのシステムで一度に対処できる弾道ミサイルの数が多くなく、飽和攻撃に弱いとの指摘があります。
また、イージス・アショアはイージス艦やTHAADのように移動式ではなくほぼ地上に固定されるので、標的になり易いとの指摘もあります。

 ですから、引き続きTHAADの導入など迎撃体制の強化を図ると共に、発射前に少しでも弾道ミサイルを叩くために、自衛隊の敵地攻撃能力を早急に検討すべきと考えます。
同時に、抑止力を高めるために日本の核装備を、真剣に検討すべき時に来ているのではないでしょうか。

※:4月29日付共同通信ニュースhttps://this.kiji.is/230735631876210692?c=39546741839462401

4月
29

2017/04/29【北方領土問題を進展させるには】

 安倍首相とロシアのプーチン大統領との会談が行われました。
昨年末の首脳会談で合意した北方領土の共同経済活動について、具体的な話し合いが行われましたが、北方領土返還については今回も進展がありませんでした。

 安倍首相としては、少しずつステップを踏んで返還に繋げたい思惑のようですが、その道筋は見えていない状況です。

 ロシアにしてみれば、北方領土は地政学的な重要性が増していることに加え、先の大戦で多大な犠牲を払って取得したという認識があります。
先の大戦では、旧ソ連が終戦間際に一方的に日ソ中立条約を破って侵攻したということがあるものの、千島列島や樺太の戦闘では、ソ連軍は民間人を除けば旧日本軍を上回る犠牲者を出したとされています。

 こうしたことから、経済支援などでは、そのように苦労して取得した領地を簡単には手放せないというのがロシア側の本音ではないでしょうか。

 幸福実現党が主張していたように、ロシアがクリミアの問題で孤立していた苦しい時に、日本が制裁に加わらずにロシアに理解を示していれば、北方領土交渉は進展していたはずです。
その一件で、プーチン大統領の安倍首相に対する信頼は損なわれたと言えます。

 ですから、プーチン大統領の信頼を得るには、日本が率先して制裁解除に向けて欧米との仲を取り持つ努力をするなり、経済協力の分野では北海道から樺太を経てユーラシア大陸を横断するリニア新幹線構想を支援するなりして、ロシアにとって大きな利益が得られる思い切った提案をするべきではないでしょうか。

 ロシアは日本にとって、対中国で戦略的に重要なパートナーでもあることを忘れてはなりません。

4月
28

2017/04/28【弾道ミサイルの着弾への備えを】

 今後30年以内に震度6弱以上の激しい揺れに襲われる確率を示した地図が改定され公表されました(※)。
 

 この地図によると、関東から四国にかけての太平洋側の確率が高く、高い順に千葉市が85%、高知市が74%、静岡市が69%などとなっています。
国や自治体、それに住民は、こうした確率を参考にして地震対策を進めることが大切です。
 

 一方、北朝鮮の弾道ミサイルが日本に着弾する確率はどのくらいあるのでしょうか。
緊迫の度を増す朝鮮半島情勢を踏まえれば、その確率は日増しに高くなっていることが分かります。

 こうした状況に、過日、政府は北朝鮮の弾道ミサイルが国内に着弾する事態に備え、都道府県の防災担当者向けの説明会を開催し、各自治体で避難訓練などを行うよう呼び掛けました。

 ようやくという感は否めませんが、避難訓練や住民への注意喚起は、やらないよりはましです。
ただ、具体的な訓練の内容は、自治体任せというところがあり、各自治体も戸惑っているのではないでしょうか。
住民に余計な不安を抱かせずに、如何に有効な避難方法を確立するかは今後の課題です。

 幸福実現党は、8年前の立党以来、北朝鮮の脅威を訴えてきましたが、当時の政府は北朝鮮の弾道ミサイルの発射実験を「飛翔体」と呼んで、現実を直視しようとしませんでした。
当時から、数年内に北朝鮮の弾道ミサイルが現実的な脅威になると認識して、必要な対策の進めておけば、今頃は自衛隊の装備の拡充だけでなく、国民の間でも最低限の対策を準備できていたのではないでしょうか。

 地震対策に比べて、国民による弾道ミサイル対策は全くと言っていいほど進んでいません。

※:地震調査研究推進本部http://www.jishin.go.jp/main/
参考:4月27日付幸福実現党ニュース「釈量子党首が安倍首相宛に、『緊迫化する朝鮮半島情勢を受け万全の措置を求める要望書』を提出」https://info.hr-party.jp/2017/4391/

4月
27

2017/04/27【天皇の権威が弱まりはしないか】

 天皇の生前退位に関する特例法案の骨子がまとまりました。
今後、国会での審議が始まり、天皇陛下の生前退位に道が開かれることになりそうです。

 法案では、退位後の天皇の呼称は「上皇」となり、一切の国事行為は行うことはありません。
しかし、国民にとってみれば、尊敬の対象が上皇と天皇の二つ存在することになり、相対的に天皇の権威が損なわれることになります。

 また、天皇は日本神道のトップでもあられます。
我が国の象徴としての天皇や皇室のあり方は、憲法や皇室典範、それに今回のように法律で定められますが、日本神道でのお立場も特例法案が成立すれば同様に定まるのでしょうか。

 うがった見方をすれば、特例法案はご高齢の天皇陛下を思いやる国民の気持ちを利用して、天皇の権威を弱める試みにも思えます。例法案により将来の天皇の退位に道を開くとのことですが、辞めたいときに辞められる地位よりも、辞められることができない地位の方に重みがあることは明らかです。

 中国や韓国の一部には、天皇の戦争責任を問う声が未だにあります。
そうした勢力は天皇の権威を貶めたいという思惑がありますが、それらに今回の一連の動きが利用されないように注意することも必要となりそうです。

4月
26

2017/04/26【政治家の資質は見抜けるのか】

 今村復興相が、自身の問題発言により辞任の意向を固めました。
言葉尻をつかまれた感はあるものの軽率な発言であることは否めず、過去の問題発言も重なり辞任に追い込まれました。

 安倍政権下では、閣僚や与党議員の問題発言や不倫など道徳的に不適切な行動が相次いでいます。
政権のおごりと言ってしまえばそれまでですが、そもそも有権者が選挙で投票する際に、その候補者が人間的にどういう人物か見抜くことがたいへん難しく、与党の候補者であるだけで当選してしまうということも問題の背景にあるのではないでしょうか。

 一方、幸福実現党は日本で唯一と言っていい本格的な宗教政党であり、その候補者は、信仰を大切にするとともに信仰を明らかにしています。
ですから、その候補者がどういう道徳心を持っているかが誰からも分かります。
例えば、誰も見ていないところでも常に神仏の眼前に恥じない行いをしようと心掛けるので、幸福実現党の政治家は裏と表がありません。

 こうした信頼感が、宗教色を薄めずに政治活動をする幸福実現党のメリットの一つになっているのではないでしょうか。
北朝鮮の危機が増大している中にあって、政治家の不祥事が相次ぐ状況を見るにつけ、国会に幸福実現党の議員が1人でも多く誕生する必要性を痛切に感じます。

4月
24

2017/04/25【北朝鮮難民が押し寄せたらどうするか】

 中国軍は、北朝鮮との国境付近に展開する部隊の警戒レベルを上げると共に、部隊規模も増やしている模様です。
朝鮮半島の緊張が高まっていることを受けての措置と見られ、展開する部隊の人員は10万人との情報もあります(※)。

 こうした部隊は、北朝鮮軍との間の不測の事態に備えると共に、有事の際に大量に流入することが予想される北朝鮮難民に対する備えと考えられます。

 一方、日本政府は、ようやく北朝鮮の弾道ミサイル落下に備えた初歩的な国民の対処法を示したばかりですが、日本海や対馬海峡を経て日本にも大量に押し寄せると見られる朝鮮半島からの難民に対する対応も明確になっていません。

 誰が対応して、どこに収容するのか。
また、厄介なのは北朝鮮の工作員が紛れ込んでいることが考えられることです。

 今から十分に考えておかないと、中東や北アフリカからの難民・移民に窮する欧州の二の舞となります。

 朝鮮半島有事の際に憂慮されるのは、弾道ミサイルなどの北朝鮮による武力行使だけではなく、難民の問題や、邦人の避難、経済への影響、生活への影響など多岐に渡ります。

※:4月24日付読売新聞http://www.yomiuri.co.jp/world/20170424-OYT1T50159.html?from=ytop_main1

4月
24

2017/04/24【望むべき未来はどういうものであるか】

 幸福の科学の大川隆法総裁の講演会が行われ、朝鮮半島情勢が緊迫する中で、北朝鮮関連でどのような言及があるかにも注目が集まっていました。

 講演で大川総裁は、北朝鮮などを念頭に、「その独裁システムが、大勢の人を殺しても平気な制度になっているのか、言論の自由や、人々が幸福を求める権利はあるのか、人間が動物みたいに扱われないかどうか。こういうものを見ていって、望むべき未来はどういうものであるかということを考えなければいけない」と指摘しました(※)。

 今の日本は、北朝鮮について、「攻撃されないためにはどうするか」、「戦争に巻き込まれないためにはどうするか」という観点で考えることが多いように思います。

 しかし、大川総裁は自国の観点だけではなく、北朝鮮の国民の幸福についても考え、地球的な観点での正義の実現についてもその必要性を説いたのではないでしょうか。
今の世界にこのような地球的な正義を説ける指導者がいったいどれだけいるでしょうか。

 北朝鮮が恫喝外交を続け、その結果として北朝鮮が見返りを得るようであれば、現在の体制が続き、巨大な監獄と揶揄さる北朝鮮国民の苦しみも続くことになります。

 北朝鮮国民を救うためにも、日本は役割を果たさなければならないのではないでしょうか。

※:4月23日付The Liberty Web「大川隆法 時事説法―北朝鮮の核も国を守るための正義か 大川隆法総裁が高知で講演」http://the-liberty.com/article.php?item_id=12917

4月
23

2017/04/23【危機の中の北朝鮮】

 北朝鮮の核と弾道ミサイルの技術は確実に向上しており、国際社会の懸念が高まっています。
 

 これに対して日本国内では、ようやく一部で朝鮮半島有事や北朝鮮の弾道ミサイルを想定した動きが見られるものの、未だにそうした事態は起こらないと高をくくるような声が聴かれます。
「北朝鮮は核を使用したら最後、米国に徹底的に反撃されて、金王朝は崩壊する。だから、北朝鮮は核開発を脅しに使うだけ」ということのようです。

 しかし、本当にそうでしょうか。
金正恩委員長が率いる北朝鮮の動向を見る限り、常に冷静な判断を期待できるとは思えません。
そして、北朝鮮の指導部に金正恩氏を諭す力があるのでしょうか。

 こうした状況に、私たち日本こそ冷静に対応を考えていかなければなりません。
その参考となる一書として、金正恩の守護霊霊言が発刊されました(※)。
 

 いたずらに危機感を煽って不安を抱かせる気持ちは毛頭ありませんが、それにしても北朝鮮が実際に“動いた”際の我が国の対応が心もとなく感じられます。

※:大川隆法著『危機の中の北朝鮮 金正恩の守護霊霊言』幸福の科学出版http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1850

4月
21

2017/04/22【北朝鮮への対処法が竜巻や突風と同じでいいのか?】

 政府は、北朝鮮の弾道ミサイルを想定し、都道府県の担当者に対し、ミサイルが落下した際に住民がとるべき行動などについて周知するよう要請しました(※)。
具体的には、「屋外では頑丈な建物や地下街などに避難するか物陰に身を隠す」、「屋内では窓から離れるか窓のない部屋へ移動する」などです。

 しかし、北朝鮮の弾道ミサイルの弾頭には、通常の爆薬の他に、核や生物・化学兵器まで想定されるにもかかわらず、今回政府が示した説明は、要するに竜巻や突風の発生が予想される際に気象庁などが注意を呼びかける内容と同じということになります。

 これでは誰もがたいへん心もとない気持ちになるのではないでしょうか。
明らかに、歴代の政府が対策を怠ってきたということに他なりません。

 ですから、自衛隊のPAC3とイージス艦が弾道ミサイル防衛の頼みの綱と言うことになります。
しかし、PAC3の迎撃範囲は数十キロメートルでしかなく、事実上、重要施設の防衛でしか機能しません。
また、既存のイージス護衛艦6隻のうちで弾道ミサイル迎撃用のSM3を発射できるのは4艦のみであり、1艦当たり理論上は最大90発程度のSM3を搭載できますが、実際は、他の対空ミサイルや対潜ミサイルを混載しなければならないため、SM3の数は制限されます。

 しかも、イージスシステムで同時対処できる弾道ミサイルの数は数発程度とも言われており、無誘導で発射される北朝鮮の弾道ミサイルは、事実上、同時発射できる数に制限がないため、飽和攻撃をされればお手上げです。

 8年前の立党以来、国防の危機を訴えてきた幸福実現党の声に耳を傾けておけば、北朝鮮の弾道ミサイルに対し、ここまで脆弱な状況ではなかったはずです。

※:4月21日付NHKニュースhttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20170421/k10010956691000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_012

4月
21

2017/04/21【外相が在日米軍基地の使用は事前協議の対象である!?】

 岸田外相は、米国が在日米軍基地を使用して北朝鮮に対し軍事行動を行う場合、日本と事前協議を行う法的義務があるとの認識を示しました(※)。
これは日本の主権を守る上で当然のことです。

 この北朝鮮に対する米軍の軍事行動とは、万一、北朝鮮が韓国を攻撃したとして、米韓同盟に基づいて米軍が韓国を支援・防衛する際に、在日米軍基地を使用する場合も含まれるということを明確にしておくべきです。

 もちろん日本としては、同じ民主主義の価値観を有する韓国を支援し、いわゆる赤化統一などと言う事態は何としてでも避けるべきと考えますが、事前協議の対象である以上、在日米軍基地の使用を認めない事態もあり得るということになります。

 この様な、日本政府が認めないと決断を下す場合は、韓国に対する日本国民の感情が極度に悪化している状況が想定されます。
そして、もう一つは、北朝鮮が日本を攻撃すると脅して国内に厭戦気分が広がった場合が考えられます。

 「北朝鮮の戦争に巻き込まれたくない」という雰囲気が広がれば、政権の判断によって、みすみす韓国を見捨てることにもなりかねません。
しかし、私たち日本は、悪意を持った国から自国を守り、アジアを守るために、リーダー国家とし武力行使も辞さないという気概を持つべきと考えます。

 同時に、韓国自身も、これまでの様に日韓関係を政争の具にするのではなく、日本と如何に関係強化を図っていくかに力を注ぐべき時です。

※:4月20日付NHKニュースhttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20170420/k10010955111000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_010


ご挨拶

愛するこの国のために

私は、この日本を、この兵庫県を愛しています。
現在、日本が抱える深刻な経済不況、国防の危機、教育の没落には目に余るものがあります。「この国の繁栄と安全、子供たちの未来を守りたい」その一心で、政治家を志しました。「幸福実現党」には、保守政党としての政策と、未来をつくる「チャレンジ精神」があります。皆様のご支援を心からお願い申し上げます。
高木よしあき

続きを読む

アーカイブ
最新ツイート
ご連絡先
事務所  事務所

〒663-8003
兵庫県西宮市上大市4-5-9
TEL:080-3259-7912
受付時間:10:00~18:00
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル