幸福実現党
The Libertyweb

2019/04/16【日本が国としての台湾を助ける時】

 中国軍の爆撃機などが台湾を周回するように示威飛行したことを、台湾政府が強く批判しました。
 

 これに対し中国は、「国家主権と領土を守る我々の堅い決意と強靱な能力を見くびるな」と警告しました(※)。
 

 しかし、台湾に中国の主権はありません。

 台湾は、台湾政府が統治しており、外交も安全保障も全て中国から独立しています。

 また、歴史を振り返ってみても、中国共産党が台湾を統治した事実は一度も無いのです。

 ですから、中国は台湾統一を目指していますが、それは中国共産党が中華民国政府から中国を奪ったように、中華民国政府から台湾を奪うことに他なりません。

 台湾には台湾の主権があるというのが事実であり、台湾の主権を守ることこそ正しい道です。

 そう考えると、今こそ日本も台湾政策を改めて、台湾の国家承認や国連復帰を後押しする時ではないでしょうか。

 台湾が国家として正式に認められれば、「一つの中国」という中国側の台湾統一の根拠が無くなり、万一、中国が台湾に手を出したとしても、それは国際的には他国を侵略したことになるので、中国に対して台湾統一のハードルを上げることを意味します。
 

 にもかかわらず、日本には「台湾政策を見直すように」と訴える政党はありません。

 台湾の国家承認を目指し、台湾の国連復帰を後押しすることを訴えているのは、唯一、幸福実現党のみです。

 ですから、「自由、民主、信仰」の価値観を本当に大切にしているといえるのは、幸福実現党ではないでしょうか。

 ※:4月16日付産経新聞https://www.sankei.com/world/news/190416/wor1904160020-n1.html

【参考】:大川隆法著『愛は憎しみを超えて 中国を民主化させる日本と台湾の使命』幸福の科学出版https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=2167


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Comments are closed.

アーカイブ
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル