幸福実現党
The Libertyweb

2018/05/17【米朝武力衝突の一歩手前だった!?】

 平昌オリンピック以降、朝鮮半島情勢は緊張緩和の流れの中にあるように見えますが、ここに来て北朝鮮は米韓を牽制する動きを見せています。

 北朝鮮は、自ら開催を提案した南北閣僚級会談を一方的に中止したり、米国が核放棄を強要するなら米朝首脳会談の開催を見送ることを示唆したりしています。

 これらは、国際社会に揺さぶりを掛ける北朝鮮の常套手段に他ならず、北朝鮮の本質が変わった訳でないことを示しています。

 つまり、北朝鮮の出方次第では、いつ軍事衝突が起こってもおかしくないということです。
 

 そうした中で、平昌オリンピック直前に、トランプ大統領が在韓米軍の家族らを退避させることを真剣に検討していたことが明らかになっています(※)。

 これはトランプ大統領が軍事衝突を真剣に考えていたということであり、その時点では米朝衝突まで紙一重だったということです。
 

 米朝首脳会談を前に、現在は、一旦、緊張が緩和しているように見えますが、米朝会談の結果を待つまでもなく、いつ何時、事態が推移するかは分かりません。

 まさか、国内外のメディアが報道している様な、トランプ大統領が中間選挙を前に、成果に目がくらみ骨抜きにされるようなことは無いと思いますが、トランプ大統領が強い意志で判断を下せば、米国が強硬な手段に打って出る可能性も十分あるということを、日本政府も心得ておく必要があると考えます。

※:5月16日付産経新聞http://www.sankei.com/world/news/180516/wor1805160032-n1.html


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

アーカイブ
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル