幸福実現党
The Libertyweb

2017/10/18【今回は投票先が無いという保守のみなさまへ】

 政治的に保守の立場を支持してきた有権者の間でも、「今回の総選挙は、お灸の意味を込めて自民に投票したくない」という声を耳にします。

 そうした方々は、安倍首相の「森友・加計問題」や「大義ない解散」などが念頭にあるようです。

 では、どこに投票すればいいのかを考えると、自公を除く既成の6つの政党の中には適当な政党が見当たらないと言います。
 

 確かに、保守の立場を支持してきた人が、急に左翼政党やリベラル系の政党に投票したくはないでしょう。
「寛容な保守政党」を標榜している希望の党も、ベーシックインカムに言及するなど社会主義的な性格を見せていますし、何よりも、都知事に就任して1年以上経つ小池代表は肝心の都政で実績らしい実績を何ら出していません。

 これでは、もろ手を挙げて希望の党に投票する気にはなれません。
実際、希望の党は各種世論調査で急失速し、公示前の議席を下回るとする予想さえあります。

 よって、希望の党が反安倍政権の受け皿になっていないことが分かります。
保守の観点から、政策の厚み、人材の豊富さで判断すれば、既成の8党の中には真の保守と言える政党は無いのではないでしょうか。

 ならば、既成の8党以外に幸福実現党があります。
幸福実現党の政策を吟味して頂ければ、保守の立場を支持してきた有権者の期待に応えられることが分かります(※)。

 幸福実現党は、国政における新しい選択肢なのです。

※:幸福実現党「衆院選2017」https://hr-party.jp/senkyo/shuin2017/


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

アーカイブ
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル