幸福実現党
The Libertyweb

2017/09/29【権謀術数が渦巻く永田町政治】

 衆議院が解散の大義が無いまま解散しました。

 野党の体制が整わないうちに解散して選挙戦の主導権を握り、政権の延命を図ろうとした安倍首相ですが、マスコミの注目は小池新党に移っています。
 

 その小池新党にあやかろうと、民進党はなりふり構わずに希望の党に合流したい意向を示していますが、小池氏は「合流」という形に否定的です。
今後、どのような形で希望と民進が組むのか分かりませんが、すんなりと組まずに紆余曲折を経れば、マスコミ的にはまさに小池劇場となり、自公は埋没することになるかもしれません。

 
 それを小池氏が意図的にやっているとすれば、同氏はとんだ“役者”かもしれません。

 小池氏の役者ぶりは他にもあります。
小池氏は、総選挙後の首相指名では公明党の山口代表がいいと述べたことがあり、山口氏は「驚くばかりで恐縮している」と応じつつも国政での共闘を否定しました(※)。

 しかし、公明党は先の都議戦で自民党に反旗を翻し小池氏側についただけに、いくら都政と国政は別と主張しても、連立相手の自民党からしてみれば疑心暗鬼になりかねません。
小池氏は、国政でも公明党に秋波を送ることで、自公の間にくさびを打ち込もうとしているのでしょうか。

 このように、与党も野党も権謀術数が渦巻いているのが既成の永田町の政治です。
希望の党がいくら新しい政党のイメージを打ち出しても、中にいる政治家は、前にどこかの政党で見たことのある顔ぶればかりです。

 こうした政治を真の意味で打破できるのは既成の政治家ではない幸福実現党だけです。

 幸福実現党のスローガンは「清潔で、勇断できる政治を。」ですが、清潔さや勇断こそが既存の政治家に足りないものではないでしょうか。

※:9月27日付読売新聞http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news1/20170927-OYT1T50022.html
【参考】:9月28日付幸福実現党プレスリリース「衆議院解散にあたって(党声明)」https://info.hr-party.jp/press-release/2017/5442/


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Leave a Reply

アーカイブ
最新ツイート
ご連絡先
事務所  事務所

〒663-8003
兵庫県西宮市上大市4-5-9
TEL:080-3259-7912
受付時間:10:00~18:00
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル