幸福実現党
The Libertyweb

2017/03/20【国会決議で罷免に】

 沖縄にとって空港は、本土とを結ぶ欠くことのできない重要なインフラです。
その中核となる那覇空港は、慢性的な過密状態で、航空便の遅延は日常茶飯事です。

また、滑走路を共用する自衛隊にとっても、運用の制約となっています。
特に近年、中国軍機に対するスクランブル回数が飛躍的に増加しており、過密解消が喫緊の課題となっています。

そこで国は、沖縄の要望にも答えるかたちで、第2滑走路の建設工事を進めています。

 しかし、沖縄県の翁長知事は、普天間基地の辺野古移設を阻止したい思惑から、那覇空港の拡張工事の岩礁破砕許可の更新にも影響を生じさせ、10日以上遅れてようやく更新しました。
翁長氏はここでも国家の安全保障の阻害要因となっています。

やはり、幸福実現党が主張するように、地方自治体の首長が国家の主権を犯す判断をした場合には、国会の決議で罷免できるようにするべきではないでしょうか。
また、翁長氏がこうして政府との対立を煽る真の目的が、独立にあるとすれば、実は沖縄の安全のためにも、断固阻止しなければなりません。

 沖縄県民の皆さんも、翁長氏の真の目的が何なのか、よく見極めた上で、支持・不支持の判断をすべきかもしれません。


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Leave a Reply

アーカイブ
最新ツイート
ご連絡先
事務所  事務所

〒663-8003
兵庫県西宮市上大市4-5-9
TEL:080-3259-7912
受付時間:10:00~18:00
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル