幸福実現党
The Libertyweb

2011/11/19【保護貿易への流れは世界経済にとって大きなダメージをもたらします。 自由貿易による繁栄を選択することは戦争を避ける歴史の教訓でもあるのです】

◆TPP攻めの開国(上)先行する現実――内向き議論、業煮やす企業(日本経済新聞 朝刊  2011/11/16)

◆TPP攻めの開国(中)ピンチをチャンスに――農業・医療、再生今こそ(日本経済新聞 朝刊  2011/11/17)

◆アメ車、日本参加「ノー」 TPP 業界「障壁低減、当てにできない」(Bloomberg Global Finance 11/17)

◆米議会超党派委、民主・共和両党とも主張譲らず-期限迫る中(Bloomberg.co.jp 11/17)

【所感】

メイドイン・ジャパンとメイドバイ・ジャパニーズという二つの見方があります。

大雑把な説明ですが、昔よく耳にしたGNP(国民総生産)はメイドバイ・ジャパニーズで、GDP(国内総生産)はメイドイン・ジャパンです。

トヨタの米国工場で製造されたカムリの韓国への輸出、台湾で100ヘクタールの農地を使った日本人事業家による米の生産、アジア諸国への輸出など、国内がTPPでワイワイやっている間に、現実はどんどん前に進んでいきます。

ドラッカーは、すでに起きた未来という言葉を使って、足元で起きている変化を見抜く重要性を説いています。

米国の自動車業界が日本のTPP参加に反対していることや共和党と民主党が財政再建をめぐりチキン・レース(予算が人質の肝試し)を繰り広げている事実は日本に大きな影響を与えるかもしれません。

保護貿易への流れは世界経済にとって大きなダメージをもたらします。

自由貿易による繁栄を選択することは戦争を避ける歴史の教訓でもあるのです。


↓「高木よし!」と思ってくださる方は、応援のクリック★お願いします!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Leave a Reply

高木よしあきチャンネル
高木よしあき活動マップ
アーカイブ
最新ツイート
ご連絡先
事務所  事務所

〒663-8003
兵庫県西宮市上大市4-5-9
TEL:080-3259-7912
受付時間:10:00~18:00
携帯電話からのアクセス
QRコード
幸福実現党 スペーサー 幸福実現党チャンネル